AirPodsのバッテリー残量を表示・確認する方法【第2世代対応】

AirPodsは完全ワイヤレスイヤホンであるため、ある一定の時間(第2世代は5h)音楽の再生を行うとバッテリーが切れてしまいます。突然バッテリーが切れて不便に感じるかもしれませんが、iPhoneやApple Watchを持っていれば、現在の電池残量をパーセント(%)で確認することが可能。

そこで本記事では、AirPodsのバッテリー残量を表示・確認する方法を徹底解説。バッテリー表示のやり方を覚えてもらえたら幸いです。

【iPhone】AirPodsのバッテリー残量を表示する方法

まず必ずやらなければならないのが、AirPodsのバッテリー残量をiPhone側に表示すること。その時に必要になってくるのが、「バッテリーウィジェット」の追加です。

ウィジェットとは、iPhoneのホーム画面を一番左にスワイプした時に表示される画面です。

上記画像を見ると、バッテリーウィジェットが存在しています。このウィジェットはデフォルト状態では表示されていません。なので、追加が必要となります。ここではその手順を詳しく紹介していきます。

まずはウィジェット画面を表示させ、下の方にスクロールすると「編集」アイコンがあるのでタップしてください。

次に「ウィジェットを追加」の一覧からバッテリーの項目を探して、「+」アイコンをタップ。すると、上側にバッテリーの項目が移動します。

この状態になるとウィジェットへの追加が完了できている証拠ですので、右上の「完了」をタップして設定を反映させましょう。なお、ウィジェットの順番を右側の「三」アイコンを長押ししながら移動させたい場所にスライドさせると、項目の移動ができます。

これでAirPodsのバッテリーをiPhoneで確認する準備が整いました。

【iPhone】AirPodsのバッテリー残量を確認する4つの方法

ここではiPhoneを使ってAirPodsのバッテリーを確認、および端末上に電池残量をパーセントで表示する方法を解説していきます。なお、前章の「バッテリー」ウィジェットの追加を前提としたやり方となります。

ウィジェットを追加しなくても確認することも可能ですが、声を出さないといけない、端末と近い距離においておかなければならないので、追加しておいたほうが絶対に良いです。

1. iPhoneにAirPodsを近づける

少々面倒ではありますが、iPhoneをAirPodsと近い距離に置くことで端末側にバッテリー状態が表示されます。

iPhone上にポップアップが表示され、現在のAirPods本体、および充電ケースのバッテリー残量がパーセントで確認できます。

なお、この時にAirPodsの充電ケースは必ず蓋を開けた状態でなければなりません。閉めたままで端末に近づけてもバッテリー残量を確認することができません。また、この方法は一時的に表示するやり方なので、毎回iPhoneに充電ケースを近づけなければならないのがデメリットです。

2. イヤホンを充電ケースから取り出してウィジェットから確認する方法

最もベターなバッテリーの確認方法は、ウィジェットからチェックするやり方です。普段AirPodsを使っている時は、この方法でバッテリー状態を確認するのがベストでしょう。

充電ケースからイヤホンを取り出すと、ウィジェットにAirPods本体と、充電ケースの電池残量が表示されます。

なお、充電ケースは時間が経つとウィジェットの表示から消えるので、一度イヤホンをケースに戻してからまたイヤホンを取り出すと確認可能になります。

3. 左右のイヤホンのバッテリー残量を別々に確認する方法

ここまでのやり方では、イヤホンのバッテリー状態を一纏めでしか確認できません。左右のAirPodsのバッテリー残量を確認するには、少しやり方が変わってきます。

まず、下記のように充電ケースから左右どちらかのイヤホンを取り出してください。その状態でAirPodsをiPhoneに近づけます。

すると、左右のAirPodsのバッテリー状態がL、R表記で確認することが可能です。この状態でウィジェットを見てみると、左右のAirPodsのバッテリー残量が表示されているはずです。

もしウィジェットに表示されない場合は、やり方が間違っている可能性があります。再度充電ケースにAirPodsを格納してから、ここで紹介した手順を真似してみてください。

4. Siriにバッテリー残量を問い合わせる

人が多い電車内では使われることはないですが、自分一人や知人等と一緒いる際はSiriにAirPodsのバッテリー状態を聞いてみても良いでしょう。

あくまでも一例ですが、「Hey Siri、AirPodsのバッテリー残量を教えて」と聞いてみると、実はしっかりと答えが返ってきます。

上記のように「AirPodsケースの充電残量は◯%、▲のAirPodsは◯%です。」と答えた返ってくるはずです。また、片方のイヤホンのバッテリー残量をSiriに問い合わせると、これも答えが返ってきます。

意外とSiriって高性能なんですね。

AirPodsのバッテリーがウィジェットに表示されない原因

AirPodsのバッテリー状態がウィジェットに表示されない場合、以下の点をまずはチェックしてみてください。

  1. ウィジェットに「バッテリー」の項目を追加しているか
  2. 充電ケースが故障していないか
  3. 充電ケースのケースの蓋が閉まっていないか
  4. iOSアップデートによる一時的なバグ
  5. 文字サイズが最小になっていないか

AirPodsはBluetoothがオフの状態でも、充電ケースを近づけるとバッテリーの状態が表示されます。文字サイズはバグの一種ですが、極端に小さかったり大きかったりすると表示されないことがあるようです。

まとめ

以上、AirPodsのバッテリー残量を表示・確認する方法の紹介でした。

  • iPhoneから確認するにはウィジェットに「バッテリー」を追加する
  • 左右のイヤホンのバッテリー状態を確認することも可能
  • Siriを使って音声でバッテリー残量を問い合わせることもできる
最新情報をチェックしよう!