AirPodsとAirPods 2を比較!違いはどこにある?

AirPods 2が2019年3月末頃にApple Storeにて取り扱い開始されました。しかしながら、第2世代のAirPodsは、第一世代のAirPodsと非常によく似たデザインなので、わざわざ買い換える必要があるのか疑問視しているユーザーも少なくありません。

また、これからAirPodsデビューするユーザーは、どっちを購入すべきか、違いはどこにあるのかをしっかりと見極めなければなりません。

そこで本記事では、第一世代のAirPodsと第二世代のAirPods 2を様々な面から徹底比較。本当にAirPodsは購入する価値があるのかを判断してもらえたら幸いです。

AirPodsとAirPods 2のスペック・料金比較

まずは純粋なスペックを両者で比較。スペックをまとめた表が下記となります。

 AirPodsAirPods 2
連続再生時間5時間5時間
連続通話時間2時間3時間
充電ケースの容量24時間分24時間分
チップセットW1H1
Bluetooth5.05.0
ワイヤレス充電可能可能
対応iOSiOS 10以降iOS 12.2以降

第二世代のAirPods 2が発売されたことにより、第一世代のAirPodsはApple Storeでの取り扱いが終了しました。2019年4月5日時点で、Amazonでは第一世代のAirPodsが販売されています。これも、在庫がなくなり次第終了すると思われます。

価格はどちらも同じ

第二世代のAirPods 2は第一世代のAirPods同様に、Apple Storeにて17,800円からの価格で販売されています。その他にワイヤレスチャージケースも第二世代のAirPods 2から登場し、このケース+AirPodsのセットだと、税抜きで22,800円となっています。

また、個別にAirPods用のワイヤレスチャージケースも8,800円で別途販売中。価格は普通のBluetoothイヤホンより高いのは間違いありませんが、AirPodsはiOSデバイスに最適化されたイヤホンなので、iPhoneやiPad、Macを利用している人であれば満足度は比較的高いでしょう。

デザインの比較!見た目はほぼ同じ

すでに第一世代のAirPodsを持っている人であれば気づいているかもしれませんが、第二世代のAirPodsのデザインはほぼ初代と同じで、全く進化していません。第一世代から言われている「耳からうどんが出ている」というデザインも変わっていないので、これが嫌で購入するのを躊躇っている方も少なくないのではないでしょうか。

第一世代のAirPodsには、それ以外にも不満点がありました。それは、耳とのフィット感です。普通に歩いている時には問題ないのですが、ランニングなど運動をしている時に、イヤホンが耳からズレてしまうことが度々起こります。耳にぴったりフィットするデザインでもないので、耳との隙間からバックグラウンドノイズが聞こえることも。

第二世代ではカナル型のAirPodsが期待されましたが、残念ながらデザイン面は第一世代と据え置き。AirPodsからAirPods 2へアップグレードする人は少ないのではと感じる部分です。

AirPods 2はワイヤレス充電が可能

AirPods 2の大きな進化は、何と言ってもQiによるワイヤレス充電が可能になったことです。AirPods 2ではワイヤレスチャージケースが同時に販売されていますが、このケースを購入すると置くだけ充電が可能になります。(イヤホン単体ではQi充電ができないので注意。)

ただし、急速充電という訳ではないので充電速度はそこまで速くありません。

ワイヤレス充電対応のケースとAirPods 2のセット価格は、22,800円。通常の有線対応ケースとAirPods 2のセットは17,800円なので、約5,000円程度の出費となります。

しかし嬉しいことに、ワイヤレスチャージ対応ケースは8,800円単体で販売されています。実は第一世代のAirPodsと互換性があるため、このケースを購入すると初代AirPodsでもワイヤレス充電ができるようになります。

機能・内部設計の進化

デザイン面などはほとんど進化がなかったAirPods 2ですが、内部に関しては少し便利にアップグレードされました。

Siriの呼び出しが2種類用意された

第一世代のAirPodsでは、イヤホンをダブルタップすることでSiriを呼び出すことができました。それ自体非常に簡単なことではありますが、第二世代のAirPods 2では、音声での呼び出しにも対応しています。

つまり、iPhoneをはじめとしたiOSデバイス同様に「Hey, Siri」と呼びかけるだけで指を使わずにSiriを呼び出すことができるのです。ただ、電車の中で「Hey, Siri」と呼び出すのは流石に無理だと思うので、どんなシーンで使えるのかが微妙な機能ですね。

H1チップ搭載で通話品質が向上

第一世代で搭載されていたW1チップから、全く新しいH1チップへ変更されました。基本的な機能はW1から受け継いでいますが、H1チップではイヤホンが耳の中にあるかを検出して、音楽の再生や一時停止を制御する機能があります。

その他、外部ノイズを抑えるノイズキャンセリング機能も備え、通話品質の向上も。さらに、連続再生時間は5時間と前作と同様ですが、通話時間は1時間長い約3時間に伸びました。

どっちを購入すべきか?

ここまで、第一世代のAirPodsと第二世代のAirPods 2の比較を行ってきました。デザイン面の違いは全くありませんが、内部設計は細かい部分がアップグレードされています。

初めてのAirpodsなら、AirPods 2をオススメする理由

これからAirPodsデビューするのでしたら、絶対にAiPods 2がオススメです。まず第一に、価格は全く一緒であることが挙げられます。

その他、内部設計の細かいアップグレードを得られますし、何より第一世代のAirPodsは在庫がなくなり次第Amazonでも取り扱いが終了するでしょう。現にApple Storeではすでに第一世代の取扱いを終了しています。

第一世代からアップグレードする価値はあまりない

もしあなたがAirPodsからAirPods 2にアップグレードしようと考えているなら、少し踏みとどまったほうがいいかもしれません。内部のアップグレードがされているとは言っても、そのアップグレードは自分にとって本当に必要なものかを考えなければなりません。

Siriの呼び出しをそもそもしないのなら、今回追加された機能はほぼ意味ありません。また、Qiによるワイヤレスチャージケースが販売されたと言っても、これは別途8,800円で購入すれば第一世代のAirPodsでも使うことができます。

ですので、個人的にはワイヤレスチャージケースのみを購入して、次回のAirPods 3を待つのがベストなのではないかと思っています。

最新情報をチェックしよう!