Apple Watch 5は4と何が変わった?違いを徹底比較

2019年9月10日のApple新作発表会にて、Apple Watch 5の発売が2019年9月20日に決定しました。しかし、Apple Watch 4を手にしている人なら、「一体何が変わったのか?違いがパッと見ただけではわからない」と感じたかもしれません。

そこで本記事では、Apple Watch 5は4と何が変わったのか、違いを徹底比較。Apple Watch 5購入の参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

Apple Watch 5の販売に伴い、4の販売が停止

Apple Watch 5はApple Watch 4のブラッシュアップモデルに相当するので、外観に大きな進化は見られません。そのためか、Apple公式サイトではApple Watch 4の販売が無くなり、5と3のみが掲載されています。

外観はほぼ変わりませんが、中身は確実に進化しています。

Apple Watch 5とApple Watch 4ではどの部分が進化したのか、大きな違いはどこにあるのかを詳しく見ていきたいと思います。

Apple Watch 5と4のスペック比較

Apple Watch 5と4のスペックの違いを表にしてまとめました。

Apple Watch 5Apple Watch 4
チップS5S4
ディスプレイ40mm:368 x 448px
44mm:324 x 394px
容量32GB16GB
主な特徴
  • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
  • 気圧高度計
  • 耐水性能 50メートル
  • 電気心拍センサー
  • 光学式心拍センサー
  • 進化した加速度センサー最大32G
  • 進化したジャイロスコープ
  • 環境光センサー

スペック面を見てみても、実はそこまでApple Watch 5と4で差はありません。デザイン面は全く同じなのでサイズも一緒ですし、ディスプレイに採用されているOLEDも全くの同一仕様となっています。

チップセットは流石にApple Watch 5でバージョンアップされてはいます。

Apple Watch 5と4の違い

デザイン面もスペック面もほぼ同じなApple Watch 5と4ですが、明確な違いはあります。2つの大きな違いは次のとおりです。

  • Apple Watch 5に「コンパス」が内蔵された
  • Apple Watch 5が「常時オンディスプレイ」に対応した
  • Apple Watch 5の素材に「チタニウム」と「セラミック」が追加された
  • チップセットが「S4」から「S5」に進化した
  • ストレージが16GBから32GBに進化

純粋なスペックで大きな進化はありませんが、新しい機能がいくつか追加され、選べる素材も増えたのがApple Watch 5です。

コンパスセンサー搭載でもう道に迷わない

Apple Watch 5ではコンパスセンサーが追加されました。現在向いている方角がApple Watchを通してわかるようになり、さらに現在の高度もチェックできるようになっています。

登山に行くときやナビではわからない木々の中を進んでいく時に役立つ機能です。

今回の目玉?常時オンディスプレイに対応

おそらく、Apple Watch 5の目玉機能と言ってもいいのが「常時オンディスプレイ」です。

Apple Watch 4までは、腕を上げた時にディスプレイが表示されるようになっていましたが、文字盤がついたり消えたり忙しい印象がありました。少し腕を下げるとディスプレイが消えてしまうのも個人的にはイマイチと感じていた部分です。

しかしApple Watch 5で搭載された「常時オンディスプレイ」に対応したことで、腕を下げても常時文字盤が見えるようになりました。多少電池の減りは速くなると思いますが、どんな体勢でも時計の表示を見られるようになったことに嬉しさを覚えるユーザーも多いのではないでしょうか。

ケース素材に「チタニウム」と「セラミック」が追加

Apple Watch 4までは、ステンレススチールとアルミニウムの2つのケース素材しかありませんでした。また、Cellularモデルではステンレススチールがありますが、GPSモデルにはアルミニウムケースしかなかったのが少し寂しい感じ。

Apple Watch 5ではそれら2つに加え、チタニウムとセラミックケースが追加されました。

チタニウムは強度が高い割に軽く見た目も美しく、高級腕時計にも使われている素材です。また、Appleではシミや黄ばみ、指紋を防ぐために表面被覆技術を取り入れています。

セラミックは歯科治療で聞いたことがある人も多いかもしれません。強度が低いため、工業用部品としてはあまり使われてこなかった素材ですが、最近ではそれを克服してきています。その素材がApple Watchでも採用され、白く美しいケースに仕上がっています。

Apple Watch 5はApple Watch 4から買い換えるべきか

既にApple Watch 4を持っている人であれば、無理に買い換える必要はないと感じます

このように判断した理由がいくつかあります。

  1. 素人目で見てほぼ違いがわからないから
  2. バッテリー容量の向上もなく、スペックの向上もほぼないから
  3. 新しく追加された素材の価格が高すぎる
  4. メジャーアップデートされそうなApple Watch 6を待ちたい

Apple Watch 5で追加された「コンパス」「常時オンディスプレイ」ですが、これらは本当に必要なのかをまずは考えたいところです。コンパスは道がわからないところに行かなければ使うこともありませんし、常時オンディスプレイにしなくても困らない人も多いのではないでしょうか。

また、新しく追加されたケース素材に多少惹かれるかもしれませんが、チタニウムとセラミックは価格帯が跳ね上がります。

チタニウムで最も安い価格が82,800円、セラミックが133,800円と、アルミニウム素材が42,800円からということを考えると、約2倍の価格差が生じます。値段という観点で見ても、正直Apple Watch 4から5に買い換える必要性が個人的に見当たりません。

とは言え、今までApple Watchを持っていなかった人、持っているのがseries 3である場合は購入を視野に入れてもいいと思います。Apple Watch 5と3ではディスプレイサイズやデザイン面を含め、大きな違いがあります。

Apple Watch 4ユーザーは、5が本当に必要なのかをよく考えてから購入を決めたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!