【Apple Watch】アプリの追加(インストール)方法

Apple Watchでは、デフォルトでインストールされているアプリの他に、自分でアプリを追加したり、不要なアプリを削除することが可能です。

本記事では、Apple Watchでアプリを追加(インストール)する方法を解説。ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

Apple Watch:アプリの追加(インストール)方法

アプリをApple Watchにインストールするには、iPhoneやiPadの「Watch」アプリからの操作が必要となります。

1.iPhoneでWatchアプリを開く。

2.フッターメニューから「App Store」をタップ。

App Storeをタップすることで、Apple Watchにインストール可能なアプリだけが表示されるようになります。これを通常のApp Storeで開いてしまうと、Apple Watchでは使えないiPhoneやiPadだけで使えるアプリが表示されてしまいますので注意しましょう。

3.インストールしたいアプリを見つけたら「入手」をタップ。

今回はApple Watchにも対応している「Yahoo!乗り換え案内」アプリを追加しました。

4.デジタルクラウンボタンを一度押し、Apple Watchでアプリのインストールを確認する。

最後にインストールしたアプリがApple Watchに追加されているかを必ずチェックしましょう。基本的にiPhoneにインストールしたらすぐに反映されます。デジタルクラウンを一回押すとアプリ一覧画面が表示されます。

Apple Watchでアプリの追加ができない原因

Appの自動インストールがオフになっている

iPhoneにインストールしたApple Watchにも対応しているアプリは、本来であれば自動でApple Watch側にも追加されるように設定されています。

しかし、この設定を無効にしているとiPhoneに追加したとしてもApple Watchには反映されません。

無効になっているかどうかを確認するには、iPhoneでWatchアプリを開いて「マイウォッチ」→「一般」の順番にタップし、「Appの自動インストール」を有効にしましょう。

有効にすると、Apple WatchにiPhoneのアプリが共有されます。

Apple Watchとのペアリングがされていない

基本的なことではありますが、Apple Watchときちんとペアリングができているかも確認してください。

確認するには<Watch>アプリを開き、マイウォッチ上にApple Watchが表示されているかどうかをみてください。

「●●のApple Watch」と表示されていたらペアリングができています。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!