[Apple Watch]通常再起動と強制再起動のやり方

Apple Watchを使っている際に少し動作が重くなったと感じたら一度時計を再起動すると直ることがあります。また、画面がフリーズして動かなくなってしまった時は、強制再起動で対応しましょう。

本記事では、Apple Watchの通常再起動、および強制再起動のやり方を徹底解説。ご参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

Apple Watchの通常再起動方法

Apple Watchは再起動コマンドが用意されていないため、「電源オフ → 電源オン」が通常再起動のやり方となります。手順は以下のとおりです。

  1. サイドボタンを「電源オフ」が表示されるまで長押し
  2. 「電源オフ」を右方向にスライド
  3. 電源が切れたら、再びサイドボタンを長押しして電源を入れる

サイドボタンとは、Apple Watch下部についてあるボタンです。

なおApple Watchを充電している間は再起動ができないので、ある程度充電が終わってから再起動をかけてみてください。

Apple Watchの強制再起動方法

Apple Watchが突然フリーズした時の対処方法として、「強制再起動」が用意されています。通常再起動とは違い、電源オフのスライダをドラッグしなくてもApple Watchが強制的に再起動されるので、どうしても画面が反応しない時の対処方法として使ってください。

Apple Watch強制再起動の手順は以下のとおりです。

  1. サイドボタンとデジタルクラウンを同時に10秒以上押す
  2. Appleロゴが表示されたらボタンを両方離す

画像で解説すると、次の2つのボタンを操作する形になります。

強制再起動はApple Watchが反応しなくなった時の最終手段として扱ってください。

強制再起動をする際の注意点

Apple Watchの強制再起動を行う際は、次の点に気をつけてください。

  • WatchOSのアップデート中に行わない
  • 充電中に行わない

WatchOSのアップデートが行われている最中に強制再起動を行うと、最悪Apple Watchが動かなくなる可能性もあるので注意してください。必ずアップデートが完了してから再起動を行いましょう。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!