Apple Watchでスクリーンショットを撮る方法

Apple Watchは時計なので、流石にスクリーンショットを撮影できないのではと多くのユーザーは思っているかもしれません。ですが、デジタル時計なので設定を済ませればApple Watchでもスクリーンショットを撮影することができます。

そこで本記事では、Apple Watchでのスクリーンショット撮影方法をご紹介。スクショを撮るまでの設定手順も合わせて解説します。

Apple Watchでスクリーンショットを撮るための前準備

Apple Watchでスクリーンショットを撮るには、ペアリングしたiPhoneやiPadで前準備が必要になります。まずはその設定手順を詳しく紹介していきます。

1.Apple WatchとペアリングしたiPhoneもしくはiPadで「Watch」アプリを開く。

2.マイウォッチから「一般」をタップ。

3.「スクリーンショットをオンにする」をタップしてオン状態にする。

これで前準備は完了です。あとはApple Watch側でスクリーンショットが撮影できるようになります。

Apple Watchでスクリーンショットを撮る方法

スクリーンショットを撮影したい画面を表示し、デジタルクラウンとサイドボタンを同時押しすることでスクリーンショットを撮ることができます

2つのボタンを同時押しすると、カシャっという撮影音と同時に画面が一瞬白く光ります。これでペアリングしたデバイスに撮影したスクリーンショットが保存されます。

無音状態でのスクリーンショットの撮り方

Apple Watchでは無音でスクリーンショットを撮影することも可能です。その設定手順を詳しく解説していきます。

1.Apple Watchのデジタルクラウンを1度押して、「設定」アプリを開く。

2.設定アプリから「サウンドと触覚」をタップ。

3.通知音の音量から、消音モードをオンに変更します。

この状態でスクリーンショットを撮ると、ブルっとバイブが震えつつ画面が一瞬白く光ります。この際音が出ない状態になっているはずなので、一度試してみてください。

撮影したスクリーンショットを見る方法

Apple Watchで撮影したスクリーンショットは、ペアリングしたiPhoneやiPadで見ることができます。「写真」アプリに撮影した画像が入っているので確認してみてください。

もちろんお気に入りへの追加や画像の編集も行えます。

スクリーンショットが撮れない原因

もしかすると、撮影したい画面でスクリーンショットを撮ることができなくて困っているユーザーもいるかもしれません。

その原因は、Apple Watchでは一部の画面でスクリーンショットを撮れなくなっているからです。もしかすると、それが原因で撮れないだけかもしれないので、一度別の画面でスクリーンショットを撮ってみてください。

最新情報をチェックしよう!