【Apple Watch】ストップウォッチの使い方/デジタル表示のやり方

Apple Watchにはデフォルトで「ストップウォッチ」アプリがインストールされています。

そこで本記事では、Apple Watchのストップウォッチアプリの使い方を徹底解説。ご参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

Apple Watch:ストップウォッチの仕様

Apple Watchに最初からインストールされているストップウォッチは、最長で11時間55分までの時間を計測できるようになっています。また、次のようなことも可能です。

  • ラップタイムの記録
  • 表示形式の変更(デジタル/グラフなど)

ラップタイムとは、区間ごとのタイムを測定できる機能です。例えば、1km走った時に一度ラップをタップしておけば、その時の記録の保存をしつつ、また0秒からストップウォッチが再開されるイメージ。

Apple Watch:ストップウォッチの設定・使い方

ここからは、Apple Watchの使い方を全部で3つに分けてご紹介していきます。

  1. 基本的な使い方
  2. ラップタイムの記録方法
  3. 表示形式の変更方法

ストップウォッチの基本的な使い方

1.デジタルクラウンを1回押し、ホーム画面の「ストップウォッチ」アプリをタップ。

すると、アナログ時計のストップウォッチが表示されると思います。

2.右下の緑色の「●」をタップすると、計測がスタート。

計測中は「●」が緑色から赤色に変化します。再度右下の「●」を押すと計測がストップします。

3.計測停止中に左下の白い「●」をタップすると、ストップウォッチの時間がリセットされます。

以上がストップウォッチの基本的な使い方になります。

ラップタイムの記録方法

通常のストップウォッチとしての使い方もできますが、Apple Watchではラップタイムを記録することも可能です。

1.ストップウォッチアプリを使って計測をスタートさせ、左下の白い「●」をタップ。

タップした段階で、計測から現在の時間までのラップタイムが記録されます。上記画像の例だと、青色の針がラップ後に再計測をし始めた時間となります。

計測をストップさせたい場合は、右下の赤い「●」を一度タップしましょう。また、複数のラップタイムを記録して見ることができます。

2.計測中に下から上に向かってスワイプすると、これまでラップしてきた時間を閲覧可能です。

それに加え、上記画面からラップと計測停止の操作を行うことも。通常のアナログ画面より見やすいので、ラップを計測するときはこの画面を使うことを推奨します。

表示形式をアナログからデジタルやグラフに変更する方法

そもそもストップウォッチの表示形式がアナログで見づらいと感じる人も多いでしょう。そんなユーザーのために、表示形式の変更も用意されています。

1.ストップウォッチのホーム画面を3D Touchの要領で強く押す。

すると。表示形式をアナログ・デジタル・グラフ・混合の4つから選ぶことができます。例えば、デジタル表示に変更した場合は、次のように変化します。

アナログからデジタルにしただけで、秒数が格段と見やすくなります。グラフ表示もおすすめですが、混合はアナログ、デジタル、グラフ全てがApple Watchの小さい画面に表示されるため、ごちゃごちゃして見にくいため、あまりオススメはしません。

個人的なオススメは「デジタル」もしくはグラフです。

誤作動?勝手にストップウォッチが起動してしまう原因

Apple Watchを使っていて、勝手にストップウォッチが起動して困っているユーザーも多いです。推測にはなりますが、おそらく文字盤を「クロノグラフ」にしているユーザーは誤作動でストップウォッチを起動させることが多いかと思います。

その理由は、クロノグラフの表示に問題があるからです。

クロノグラフの場合、右上にストップウォッチアプリが表示されています。これを誤タッチしてストップウォッチを間違って起動させてしまうケースが多いです。

誤作動を防ぐために、クロノグラフのカスタマイズをしようとしても右上のストップウォッチだけはカスタマイズすることが不可能になっています。

もし、勝手にストップウォッチが起動するユーザーでクロノグラフを使っているのでしたら、別の文字盤に変更することをオススメします。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク