【Apple Watch】通知設定のカスタマイズ方法/オン・オフの切り替え

本記事では、Apple Watchの通知設定をカスタマイズする方法を紹介しています。

ユーザーによっては、アプリごとに通知のオン・オフを切り替えたい思っているかもしれません。この記事で紹介するやり方を真似れば個別にオン・オフの設定を変更できるので、ぜひ参考にしてみてください。

Apple Watch:通知設定のカスタマイズ方法

まず大前提となりますが、Apple Watchに表示される通知は、ペアリングしたiPhoneやiPadと連動しています。つまり、iPhoneで通知がオンになっていた場合は、Apple Watchでも通知設定がオンになります。

これらを踏まえた上で、Apple Watch上で通知の設定をカスタマイズする方法を紹介していきます。

アプリごとに通知のオン・オフを切り替える方法

1.iPhoneで「Watch」アプリを起動。

2.「マイウォッチ」→「通知」の順番にタップ。

3.通知の設定をカスタマイズしたいアプリを選択。

ここでは、「WalletとApple Pay」を例に通知のカスタマイズを行います。

4.デフォルト状態では「iPhoneを反映」にチェックが付いているはずです。

この場合、iPhoneの設定がそのまま反映されるため、通知をオンにしている場合、Apple Watch側でもそのまま通知が表示されます。これをiPhoneでは通知をオンにして、Apple Watch側では通知をオフにしたい場合、「カスタム」をタップします。

5.カスタムをタップすると3つの選択肢が表示されます。

通知をオンにしたい場合は、「通知を許可」もしくは「通知センターに送信」。通知をオフにしたい場合は「通知オフ」にチェックを入れてください。

「通知センターに送信」を選択した場合は、通知センターでのみ通知をチェックすることができます。

以上が、Apple Watchでの通知設定方法でした。

アプリによってカスタマイズ内容が異なる

先程は「WalletとApple Pay」を例に通知設定方法を紹介してきました。既に他のアプリで通知設定のカスタマイズ方法を試してみたかもしれませんが、実はアプリによってカスタマイズ内容が異なります。

例えば、「マップ」アプリの通知設定をカスタマイズしようとします。

すると、通知の内容が「案内を通知」に変わっているのがわかります。マップアプリの場合、目的地に向かうときに移動手段によって通知を送るかどうかを選択できるようになっています。

例えば、徒歩で移動する際に目的地に向かう途中で曲がり角があった場合などに、徒歩通知をオンにしていれば、通知がApple Watch上に送信されます。

マップアプリはあくまでも一例。その他のアプリでも通知設定のカスタマイズ内容が微妙に異なるので注意してください。

Apple Watchで緊急地震速報の通知を受け取るには

Apple Watchで緊急地震速報や、災害・避難情報の通知を受け取るには、iPhone側からの操作が必要になります。

1.設定アプリを開き、通知をタップ。

2.「緊急速報」のトグルをオンにする。

これで、iPhone側、およびApple Watch側でも緊急速報の通知が受け取れるようになります。

最新情報をチェックしよう!