【iPhone X以降】バッテリー残量を表示する方法【XR/XS対応】

iPhone X以降の端末、XR、XS、XS MAXでは、バッテリー表示部分のアイコンに電池残量が表示されないようになっています。この状態だとあと残り何%バッテリーが残っているかわかりにくいのがデメリット。

そこで本記事では、iPhone X以降の端末でバッテリーの残量を表示する方法について解説。バッテリー残量を数字で見たい方は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

iPhone X以前はホーム画面にバッテリーが表示されていた

iPhone X以前、iPhone 8やiPhone 7では、ホーム画面にバッテリー残量を数字で表示することが可能でした。下記のように設定画面からバッテリー残量表示をオンにすると、ホーム画面に電池残量が数字で表示されます。

しかし、iPhone X以降からは「バッテリー残量(%)」の項目が消えました。理由は色々ありますが、主にノッチ部分がある影響で表示するスペースがないからと考えられます。

それではiPhone X以降のノッチ端末では、どのようにしてバッテリー残量を確認するかの方法をご紹介していきます。

バッテリーの残量を表示する2つの方法

サードパーティ製のアプリを使わずにバッテリーの残量を表示する方法は、「ウィジェット」、「コントロールセンター」の2つがあります。どちらもノッチ部分には表示されないのでひと手間かかりますが、デフォルト機能で表示をするのでしたらこの2つの方法しかありません。

コントロールセンターから確認

バッテリー残量を表示するのに最も簡単なのは、コントロールセンターからの操作です。設定などは一切必要ないので、下記のようにノッチ右上から下に向かってスワイプしてコントロールセンターを開くだけでOKです。

コントロールセンターを表示することで、右上の現在のバッテリー残量が表示されます。

ウィジェットから確認

iPhoneを横にスワイプするとウィジェットが表示されます。デフォルト状態ではバッテリー残量を確認することができませんが、ウィジェットに追加してあげると電池が表示されます。

ただし、一点注意することがあります。ウィジェットにバッテリーを追加しようとしても、ユーザーによっては項目が表示されていない可能性も。バッテリーを追加するには、一度Bluetooth機器とペアリングをして接続状態にしなければなりません。

そうすることで上記のようにバッテリーが表示されるようになります。バッテリーが表示されないユーザーは一度Bluetooth接続してからウィジェットの追加をしてみてください。

ウィジェットへバッテリーを追加する手順

まずはiPhoneをBluetooth機器と接続します。その状態で、ホーム画面を左へスワイプしてウィジェットを表示してください。そして、ウィジェット一番下にある「編集」をタップします。

Bluetooth接続状態だと、ウィジェットを追加の項目に「バッテリー」が表示されます。「+」ボタンを押してウィジェットを追加しましょう。追加ができたら右上の「完了」をタップ。

ウィジェット画面に戻ると、バッテリー残量が表示されているのが確認できます。

この状態でBluetooth機器との接続を切っても、iPhoneのバッテリー残量だけは残ります。

アプリを使ってロック画面にバッテリーを表示する方法

ホーム画面にバッテリー残量を数字で表示することは難しいですが、ロック画面に表示することはアプリを使えば可能です。「節電バッテリーライフ for iPhone」をインストールすると、ロック画面が次のように変化します。

とは言っても「バッテリー」の項目を追加しておけば全く意味がないので、サードパーティ製のバッテリーアプリを使うメリットはほとんどありません。

まとめ

今回の記事のまとめになります。

  • iPhone X以降はホーム画面でバッテリー残量の確認ができない
  • 2つの方法で電池残量を表示できる
  • 今の所サードパーティ製アプリを使うメリットはない
スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!