cocopar 13.3インチモバイルモニターのレビュー!ゲームにも対応

自宅以外でニンテンドースイッチをプレイする際に、スイッチ本体の液晶画面では小さすぎてアクションやFPSゲームの操作が難しいと感じました。そこで、モバイルモニターを購入することに。

今回は、Amazonで評価がよかったcocopar 13.3インチモバイルモニターを購入し、レビューの方を書いていきます

cocopar 13.3インチモバイルモニターの商品紹介

今回購入した、cooparのモバイルモニターは次のような仕様・スペックとなっています。

画面サイズ13.3インチ(1080P / フルHD)
解像度1920 * 1080
映像入力HDMI / USB Type-C / miniDP
スピーカー内臓(イヤホンジャックあり)
サイズ340*192*10mm
重量約580g
その他ノングレア

Amazonのレビューでは、2K対応の10.1インチサイズのモバイルモニターのレビューがほとんどで、13.3インチに関する口コミはほぼ見られませんでした。

しかし、私がフルHDまでしか対応していない13.3インチの方を選んだのには理由があります。それは、10.1インチで2K表示したとしても文字が小さすぎて見えないと思ったからです。ですので、13.3インチのフルHDで十分と判断しました。

また、主な用途がスイッチを自宅以外でも快適にプレイするためだったので、2Kにわざわざ対応させる必要がない、そして様々な端子を使って接続できるのが魅力的だったので13.3インチのモバイルモニターを選択しました。

なお、13.3インチのモニターはノングレアなので光や自分自身の映り込みがありません。レビューを見るとグレアと書いているユーザーもいましたが、それは10.1インチの方なので間違わないように注意しましょう。

結果的に、13.3インチのモニターを選んで正解だったなという感想です

cocopar 13.3インチモバイルモニターの実機レビュー

ここからは、cocopar 13.3インチモバイルモニターを使ってみた感想を中心に、レビューをしていきたいと思います。

対応ケーブルが全て同封されている

パッケージを開けると、緩衝材が箱いっぱいに敷き詰められていました。これなら宅配業者が雑に扱ったとしても、ほぼ液晶割れすることもないだろうなという率直な感想。

そしてさらに緩衝材を取り除いていくと、なにやらケーブル類がたくさん出てきました。

HDMI、USB-A&Type-C、Type-C&Type-Cケーブルの3点、ACアダプター、イヤホンジャック延長ケーブルの計5点のアイテムが同封されています。最初から対応ケーブルが全部同封されているので、後から別途ケーブルの購入をしなくても良いのが嬉しい誤算でした。

ただ、HDMIケーブルがちょっと太いので、これだけは買い換えようかなと思っています。

モバイルモニター本体にケースカバー!液晶をガッチリ保護

緩衝材からモバイルモニターを取り出すと、手帳型ケースっぽいのが出てきました。

これを開いてみると、モバイルモニター本体が中に入っていました。

最初からケースカバーが付いているので、後から購入する必要もありません。手触りも良い感じなので、これは結構嬉しい誤算でした。

実際に手で持ってみるとこんな感じです。

一見、タブレットやノートパソコンを持っているようにも見えます。カバーとモニター本体を合わせて約950gとそこそこの重さではあります、片手で問題なく持ち歩き可能です。

ちなみにケースカバーはモニターにくっついているので、取り外すことは難しいです。

モニター角度は3段階に調整可能

ケースカバーは3つの段差がついており、3段階でモニターの角度を調整することができます。

1段階目

3段階目

個人的には2、3段階目の位置で角度を調整するのが見やすいかなと思いました。一応今回購入したcocoparのモバイルモニターは、上下左右各178度までの広い視野角に対応しているので、1段階目でもクッキリと映像を見ることはできます。

モニターのコントラストや明るさの調整ができる!

cocopar 13.3インチモバイルモニター最大のメリットは、様々な映像入力形式に対応していることです。モニター本体の側面部分に、ポートやボタンが備わっています。

まずは液晶画面正面からみて左側についているポートやボタンの紹介から。

USBポートは、おそらくほぼ使うことはないでしょう。反対側の側面に電源供給用のType-Cポートがあるので、そっちをメインに使うことが多いです。

そして5つのボタンでは、モバイルモニターのオン/オフ管理や音量の上下操作を設定できます。メニューを押すと、下記のように輝度などの調整ができるようになっています。

様々な映像入力形式に対応している

次は液晶画面正面から見て右側のポートの紹介。

HDMI、miniDP、Type-C、イヤホンジャック(HP)、PDの5つのポートがついています。PDポートは基本的にモニターの電源供給用なので、実質3ポートでの映像出力となります。

Type-CはHUAWEIやGalaxyのスマホを接続すれば、PCモードでモニターに映し出すことが可能です。PDポートは、MacbookやSurface Proの映像出力で使うことができ、変換ケーブルも用意しなくて良いのが非常に便利。

モニター稼働中はLEDインジケータが赤色から青色に変化

PDポートに電源を供給すると、モニター側面のLEDインジケータが赤色に変化します。

この状態が「出力待機中」なので、反対側の側面にあるPowerボタンを押してください。これでモニターの電源がオンになり、LEDインジケータも赤色から青色に変化します。

ちなみに、わざわざPowerボタンを押さなくても、パソコンの電源やゲーム機の電源を入れると自動的にPowerオンに切り替わります。

ニンテンドースイッチをモバイルモニターに接続してみた

外観や仕様についてのレビューは以上となります。最後に、実際にニンテンドースイッチをモバイルモニターに接続して、映像がきちんと映るかを確認。

HDMIケーブルを接続してニンテンドースイッチの電源を入れると、自動的にスイッチの画面がモニター側に映し出されました。ノングレアなので、映り込みもなく見やすいと感じました。

モニターは下側部分を除けばベゼルレスなデザインとなっているため、サイズ感に比べて実際の液晶部分の面積が広いのが特徴的です。

Surface Pro 4と比較した時、ベゼルの細さが全然違うのがわかるかと思います。

そして実際にこの環境でスプラトゥーン2をプレイしてみました。スイッチ本体の画面よりかなり大きいため、画面内が非常に見やすく快適に使うことができました。

ゲームもクッキリ鮮明に映る高性能なモニターでした

以上、cocopar 13.3インチモバイルモニターの購入レビューでした。

Amazon内の評判を見てもそれほどまで低評価がついておらず、個人的にもこのモバイルモニターは購入して正解だと感じました。10.1インチの方はハズレみたいなので、今から購入するのでしたら、13.3インチのモバイルモニターの方を購入することオススメします。

ちょっとしたプレゼンや、ノートパソコンのサブモニター、ゲームのモバイルモニターとしてオススメできる商品です。

最新情報をチェックしよう!