【iPhone】動画保存アプリ「動画コンテナ & 動画再生」使い方と安全性

この記事では、iPhoneやiPad対応「動画保存アプリ 動画コンテナ&動画再生」の使い方や安全性などを解説しています。このアプリは動画のダウンロードができるアプリで、iOSアプリとしてApp Storeで配信されています。

スポンサードリンク

「動画保存アプリ – 動画コンテナ & 動画再生」でできることや製作者情報

このアプリを使ってできるのは、大きく分類して次の3点です。

  • YouTube動画のアプリ内ダウンロード
  • アプリ内にダウンロードした動画の編集作業
  • アプリ内にダウンロードした動画のエクスポート

名前に「動画コンテナ」と書かれていますが、実際にこのアプリを使ってダウンロードできるのはYouTube動画でした。おそらくYouTube動画のダウンロードは規約違反なので、それをカモフラージュするためと思われます。

同じようなアプリに「Clipbox+」が存在しますが、あちらは動画編集ができなかったりiPhone内に動画を保存することができなかったりするため、「動画保存アプリ – 動画コンテナ & 動画再生」の方が使い勝手は良い感じです。

なお、似たようなアプリが多数リリースされていますが、今回紹介するアプリの製作者は「Chichi Jiang」氏となっています。App Storeでもこの製作者のアプリは非常にレビュー評価が高いので、別人の同じような名前のアプリと間違わないようにしましょう。

アプリはiOS10.0以降対応なので注意してください。

「動画保存アプリ – 動画コンテナ & 動画再生」の使い方

ここでは当アプリの使い方を紹介します。端末内にYouTube動画をダウンロードするには、次の手順を踏まなければいけません。

  1. YouTube動画を端末内キャッシュとして保存
  2. キャッシュ保存した動画を編集(ここは省略可)
  3. キャッシュ保存した動画をiPhone内に保存

使い方、そしてその手順を詳しく解説していきます。

1.動画をアプリ内キャッシュとして保存する手順

「動画保存アプリ 動画コンテナ&動画再生」をiPhone/iPadにインストールしたら、アプリを開いてまずは4桁のパスワードを設定してください。

設定が終わると、トップ画面が表示されます。フッターメニューの4項目の中から「ブラウザ」をタップしましょう。

ブラウザをタップすると、「動画保存アプリ 動画コンテナ&動画再生」アプリ内でYouTubeが立ち上がります。ブラウザ内で保存したい動画を開いてください。

動画を開くと、自動的にiPhone下部からポップアップが現れます。内容的には「現在再生中の動画を保存しますか?」と言うものです。保存したい場合は、「ダウンロード」ボタンを押してください。

すると、一度広告がポップアップしますが「×」を押して閉じましょう。すると同じ画面にリダイレクトされるためもう一度「現在再生中の動画を保存しますか?」と表示されますが、今度はキャンセルを押してください。

その後フッターメニューから「オフライン」をタップ。すると、先ほどダウンロードしたファイルがキューとして追加されます。少し時間を置くと、アプリ内にダウンロードが完了します。

ここまでが、アプリ内への動画保存手順となります。

2. ダウンロードした動画を編集する方法

アプリ内に保存したYouTube動画は、4種類の編集が可能です。

  • トリム
  • カット
  • 音量の調整
  • 速度の調整

動画の編集は、トップ画面もしくはオフラインページから行えます。ただし、オフライン画面での編集はトリムとカットのみ。もし音量や速度調整をしたい場合はトップ画面から行いましょう。

3.編集し終わった動画をiPhone内に保存する手順

動画の編集が終わったら、次はいよいよアプリ内の動画をiPhone内に保存していきましょう。オフラインページを開き保存したい動画をタップすると、「遊ぶ」「輸出する」「トリム」「カット」「削除」の5つが表示されます。

この中の「遊ぶ」は動画の再生となります。動画を端末内にダウンロードするには「輸出する」を選んでください。

すると、共有メニューが表示されます。この時下側メニューの「ファイルに保存」「ビデオを保存」とあるので、どちらかを使って動画を保存します。

しかし、何度か試してみましたが「ビデオを保存」を押してしまうとアプリが落ちるので実質使えません。なので、「ファイルに保存」を選んでiCloud Driveへ動画を保存しましょう。

以上が、「動画保存アプリ 動画コンテナ&動画再生」を使ったYouTube動画のダウンロード方法の紹介でした。

「動画保存アプリ – 動画コンテナ & 動画再生」の安全性/危険性は特になし

最後に、「動画保存アプリ – 動画コンテナ & 動画再生」の安全性について簡単に紹介します。結論から言うと、このアプリに危険性はありません。

なぜなら、位置情報の取得やカメラのアクセスなどの個人情報が強制的に求められないアプリだからです。メニューの中に、カメラや写真のインポートがありますが、これらを使わなければアクセスの許可をする箇所は一切ないので、YouTubeをダウンロードして端末内に保存する程度でしたら安全と言えます。

唯一邪魔だなと思ったのが、画面全体に広がるポップアップ広告です。ボランティアでアプリを提供しているわけではないので広告は仕方がないですが、頻繁にポップアップ表示されるので少しだけ邪魔だと感じました。特にウィルスが侵入するわけでもないので安心してください。

それ以外は特に文句のつけようがないアプリです。YouTube動画をダウンロードして保存するアプリの中でも使いやすい部類でした。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!