【iPhone X以降】電源を強制終了して再起動する方法【XR/XS対応】

iPhone X以降の端末ではホームボタンが無くなったため、今までと電源の切り方や強制終了のやり方が変わりました。iPhoneが突然フリーズしたり、動作がもっさりした時は強制終了をして端末を再起動したいところです。

そこで本記事では、iPhone X以降の端末で電源を強制終了して再起動する方法を紹介します

この記事は、iPhone X、XR、XS、XS MAXが対象となります。

スポンサードリンク

【iPhone X以降】強制終了のやり方

強制終了は、iPhone 8以前と変わりありません。次の3STEPを踏めば、電源が強制終了されて端末が再起動されます。

  1. 音量を上げるボタンを短く1回押す
  2. 音量を下げるボタンを短く1回押す
  3. サイドボタンを画面が消えるまで長押し

この時、サイドボタンを押した段階で「スライドで電源オフ」と表示されますが、無視して長押しして問題ありません。画像でやり方を解説したのが下記となります。

押す順番を間違うと強制終了はされません。例えば、最初に音量を下げるを押してから音量を上げるボタンを押した場合は、強制終了がされないといったケースです。強制終了できないユーザーの多くはやり方を間違っているだけなので、一度手順を見直してみてください。

まとめ

以上が、iPhone X以降の端末で電源を強制終了するやり方の紹介でした。画面のタッチ操作を受け付けない時は再起動をすれば直ることもあります。その時に強制終了が使えるので、iPhoneが不具合を起こして動作に支障がある方は一度試してみてください。

iPhone X以降の端末で電源を切る方法については、下記記事にまとめていますので参考になりましたら幸いです。

【iPhone X以降】電源の切り方(オフ)/入れ方【XR/XS対応】

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!