Apple WatchでのApple Payの使い方/カード追加・削除まで解説

Apple WatchにはWallet(ウォレット)アプリがインストールされており、それに電子マネー対応のクレジットカードやSuicaなどを追加することで、iPhoneではなくApple Watchから支払いができるようになります。

そこで本記事では、Apple WatchにApple Payを追加するところから実際の使い方まで徹底的に紹介。Apple Watchを使いこなしていきましょう。

スポンサードリンク

Apple WatchでApple PayをiPhoneなしで使うには

まず大前提として覚えてもらいたいのが、Apple Watchは基本的にiPhoneとペアリングしないと機能をフルに発揮できないこと。これはApple Payも同様で、iPhoneが手元にない場合は改札口でFelicaが反応しないようになっています。なぜなら、Felicaはデータ通信ができないと使えないためです。

しかし、iPhoneなしでもApple Payを使うことも可能。

それは、Apple WatchのCellularモデルを購入することです。Wi-Fiモデルの場合、iPhoneとペアリングした状態かつiPhoneがBluetoothの範囲内になければFelicaが反応しません。一方CellularモデルであればSIMカードを挿してデータ通信ができるので、Apple Watch単体でApple Payが使えます。

Apple PayをiPhoneなしで使うには、Apple WatchのCellularモデルを購入しよう。なお、iPhoneとのペアリング自体は必要です。

Apple WatchのWalletに電子マネーを追加する方法

Apple WatchにApple Payの設定をするには、iPhone側でApple Payで使用するカードを追加しなければなりません。ただ、基本的にはiPhoneのWalletに登録されているカードをサクッと追加できるので難しいことはありません。それでは実際の追加方法を、画像を交えてご紹介します。

iPhoneでWatchアプリを開き「WalletとApple Pay」をタップ。

「カードを追加」もしくは「iPhone上のカード」からApple Watchで使いたいクレジットカードや交通系ICカードを追加します。2種類の追加方法をご紹介します。

「カードを追加」から新しく登録する方法

「カードを追加」を選択したら、まずはカードの種類を選びます。ここで選べるカードはクレジットカード、プリペイドカード、もしくはSuicaなどの交通系ICカードの3種類となります。

今回は電子マネーの「iD」に対応したクレジットカードを追加していきます。

「クレジット/プリペイドカード」を選択し、「ほかのカードを追加」を連続してタップ。

カード情報の読み取り画面が表示されるので、枠内にクレジットカードが収まるようにカメラを向ける。もしくは、カード情報を手動で入力してクレジットカード情報を登録しましょう。

今回はカード情報をカメラで読み取りました。読み取り精度はそこそこですが、一部名前が間違っていたのでそこは手動で直します。直し終わったら「次へ」をタップ。

利用規約をよく読んだ上で「同意する」をタップすると、カードの追加が開始されます。

クレジットカードの追加が完了すると、WalletとApple Payの画面へ戻されます。その画面の「Watch上の支払い用カード」に先程追加したクレジットカードが登録されていたらOKです。

念の為、Apple Watchで使えるか確認。先程追加したiD対応のdカード GOLDがApple Watch上で使える用になっています。

以上が、Apple WatchのApple Payに新しいクレジットカードを登録する手順でした。

「iPhone上のカード」から既存のカードと追加する方法

次は、元々iPhone上のApple Payに登録されているカードをApple Watch上でも使えるようにする方法の紹介です。新規追加よりも楽に追加できます。

今回は、交通系ICカードの「Suica」をApple Payに登録していきます。

まずはWatchアプリを開き、「WalletとApple Pay」の画面を開きます。開いたら、iPhone上のほかのカード一覧から「My Suica」を選択。

Suicaの場合、カードを転送する形になるのでApple Watchに追加するとiPhone上から削除されます。ただし、後からWatchアプリでiPhone上に戻すこともできるので安心してください。問題なかった場合「次へ」をタップ。

これでApple WatchでSuicaが使えるようになりました。Watch上の支払い用カードの項目に、My Suicaが表示されていたらOKです。

念の為Apple Watch側で使えるかを確認。下記のように表示されていたら、Suicaの追加完了となります。

余談となりますが、交通系ICカードの「Suica」の場合、Apple WatchもしくはiPhoneのいずれかでしか使うことが出来ません。しかし、クレジットカードの場合は両方のデバイスで同時に使うことができます。

Suicaは少々面倒くさい仕様になっているので、Apple Watchで使う時は注意してください。

Apple WatchでのApple Payの使い方

Apple WatchにクレジットカードやSuicaの追加ができたら、後は実際にApple Payの使い方をマスターするだけです。

Apple Payを呼び出す方法

Apple WatchでApple Payを呼び出すには、サイドボタンをダブルクリックするだけです。Apple Watchの画面を見て「準備完了」となっていたら、あとはカードリーダーにかざすだけで決済が完了します。

Apple Payとして使うカードを変更する方法

複数枚のクレジットカードやSuicaをApple Watchに登録している際、デフォルトのものではなく、別のカードを使いたいシーンが出てくると思います。その場合、Apple Payを呼び出した後に、Apple Watchの画面を左右にスワイプして使うカードを切り替えてください。

複数枚登録している場合、画面下に白と灰色の小さな丸アイコンが表示されているはずです。3枚追加しているのでしたら、2つの灰色、1つの白い丸アイコンが表示されます。

Apple Watchのかざし方

Apple公式サポートでは、Apple Watchで決済をするには、「カードリーダーに画面を数センチ以内に近づける」と書かれています。そのため、画面をカードリーダーに向けるようにかざして使う必要があると思われがちですが、実はApple Watchを上向きにしても反応することがあります。

イメージは下記のような感じです。カードリーダーがないので外付けHDDで紹介していますが、目を瞑ってもらえたら幸いです。

改札口のカードリーダーは非常に高感度であるため、上向きでも反応します。

ただ、コンビニなどに置かれているカードリーダーの場合だと少し反応が悪いため、Apple Watch本体をなるべく近づける必要があります。そうなると、下記のようにApple Watchをカードリーダーに向けるようにしてかざすやり方となります。

基本的には、カードリーダーに対してApple Watchを向けるようにかざすのが読み取りしやすいです。

Apple Watchに追加したカードを削除する方法

Apple PayをApple Watch上から削除したい場合、iPhoneからの操作が必要です。今回はQUICPay対応のクレジットカードを削除して、iPhoneで使えるようにしたいと思います。

まずはWatchアプリを開き、「WalletとApple Pay」を選択。削除したいカード(今回はクレカ)をタップしてください。

下までスクロールし、「このカードを削除」をタップ。

削除が完了するとWalletとApple Payの画面に戻ります。この時、Watch上の支払い用カードから先程削除したクレカが消えていたらOkです。

SuicaをiPhoneに戻すこともできる

削除と同じ手順を踏むことで、SuicaをiPhone上に戻すこともできます。

Suicaの場合、「このカードを削除」の他に「カードを追加:”(iPhoneの名前)”」の2つが表示されます。

ここで、「カードを追加:”(iPhoneの名前)”」を選ぶと、iPhone側にSuicaのデータが転送されます。カードの転送が終わると、My SuicaがiPhone上のほかのカードの項目に追加されます。

SuicaはこれでiPhoneで使えるようになりますが、Apple Watchでは使えなくなるので注意してください。

Apple Pay対応カード

Apple公式が発表しているApple Pay対応カードは次の4つです。

  1. Apple Pay対応クレジットカード
  2. 電子マネー「iD」対応クレジットカード
  3. 電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」対応クレジットカード
  4. 交通系ICカード「Suica」

Felicaを使ってカードリーダーを通して決済できるのは、iDもしくはQUICPay、Suicaのカードが必要となるので注意してください。また、Apple Pay支払いを選択すると、iDとQUICPayのどちらを使うかは選ぶことが出来ません。

両方のカードをWalletに追加している場合、例えばQUICPayを使いたいのでしたら、口頭で「QUICPay支払いで」と伝えてあげましょう。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!