iOS 13で何が変わった?新機能・変更点・不具合情報まとめ

Appleは2019年9月20日にiOS 13へのアップデートが可能になりました。ちょうどiPhone 11シリーズの発売日に合わせてのリリースとなります。

そこで本記事では、iOS 13の新機能や変更点、および確認されている不具合情報をまとめています。iOS 13へのアップデート前に不具合等をチェックしてもらえたら幸いです。

スポンサードリンク

【iOS 13】アップデート内容詳細

iOS 13はメジャーアップデートとなっており、様々な新機能が追加されました。特に目立っている新機能や変更点は次の4つ。

  • ダークモードの追加
  • 写真アプリの機能強化
  • Apple IDでの各種サービスへのログイン
  • Apple Storeに「Arcade」が追加
  • リマインダーのデザインが刷新

ダークモードの追加

ついにiPhoneでもダークモードが使えるようになりました。

ダークモードに設定することで、今まで背景白、文字色が黒だった画面が逆転し、背景が黒、文字色が白になります。

ダークモードにすることで、画面のギラツキが抑えられ眼への負担も減るとされており、昔からiOSユーザーから望まれていた機能です。夜間の見やすさが抜群に向上するので、実装されたら嬉しい機能であることは間違いありません。

また、OLEDのiPhone(iPhone XSやX)を使っている場合、ダークモードにすることでバッテリーの消耗を抑えることができます。これは、発色する箇所が少なくなり、使用エネルギーの消耗も少なくなるからです。

ダークモードの設定方法は、下記記事にまとめています。

関連記事

iOS 13から、iPhoneとiPadに「ダークモード」が追加されました。ダークモードとは、画面の背景を黒っぽい色に変更する機能です。ダークモードにすることで、眼の疲れを軽減する他、有機ELを採用したiPhone XS等のディスプレイの消[…]

写真アプリの機能強化

写真アプリの基本機能が強化されました。

  • 新しいタブの追加
  • 新しい写真編集ツールへの改修
  • 回転、自動補正、切り取りなどができるビデオ編集ツール

その他、写真アプリの強化に伴い、iPhone XSやiPhone 11 Proのカメラ機能も若干改修が入っています。

  • ポートレート照明の強さ増減調整
  • モノクロポートレート(ハイキー照明(モノ))の追加

Apple IDでの各種サービスへのサインイン

今までですと、何かのサービスに登録する時はメールアドレスや電話番号、Facebook、Twitter、LINEなどが使われていました。そこに今後は、Apple IDでの登録も追加することができます。

ただし、WEBサイトやアプリ側でサインインの対応修正をしなければならないため、本格的な普及はもう少し時間がかかるでしょう。

Apple Storeに「Arcade」が追加

2019年のAppleの発表会でも大々的にプッシュされていたのが、「Arcade」です。

Arcadeは月額600円のサブスクリプションで、Arcade内に配信されているゲームアプリを好きなだけプレイすることができます。ArcadeはiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TVで使用可能です。

なお、1ヶ月の無料お試し期間もあります。

リマインダーのデザインが刷新

今までのリマインダーはUIが古い、少し使いづらかったと個人的に感じていました。今回のiOS 13へのアップデートでUIが刷新され、より直感的な操作が可能になりました。

その他、新しいクイックツールバーによるリマインダーの追加や、スマートリストによるリマインダーの整理、グループ化が行えるようになっています。新しいリマインダーアプリの使い方は、下記記事を参考にしてください。

関連記事

iOS 13へのアップデートで、iPhone/iPadで利用できるリマインダーのUIが新しくなりました。それに伴い、リマインダーの使い方もやや変化しています。本記事では、iOS 13以降のリマインダーの使い方を徹底紹介。iPhone[…]

2組のAirPodを1台のiPhoneにペアリング可能に

今までのiOSでは、AirPodは1台につき1組のペアリングでした。しかし、iOS 13からは2組のペアリングが可能に。

これにより、1台のiPhoneから流れている楽曲を共有して聞くことが出来るようになりました。友達と一緒に映画や音楽を楽しむことができます。

ファイルアプリでZIPファイルの解凍

iPhone、iPadの致命的な弱点といえば、圧縮されたファイルを解凍できなかったこと。

しかし、iOS 13のファイルを使えば、誰でも簡単にZIP圧縮、およびZIPファイルの解凍ができるようになります。おそらく、iPadOSをよりMacに近い感覚で使えるようにファイルの機能がアップしたと考えられます。そのお零れをiOS 13がもらったのかもしれません。

その他のアップデート内容

その他、次のようなアップデートも行われました。

  • Face IDの認識速度が30%アップ
  • 米国向けに新しいマップが公開
  • Siriの強化
  • ミー文字の追加
  • CarPlayが進化!マルチウインドウに対応
  • Safariの改善
  • QuickPathの導入
  • テキストのカーソル移動の速度・精度の向上
  • App Storeのカスタムフォントが使用可能
  • ヘルスケアアプリに新機能が追加
  • PS4のコントローラに対応

iOS 13対応端末

iOS 13へのアップデートは、次の端末に対応しています。

  • iPhone XS / XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 / 8 Plus
  • iPhone 7 / 7 Plus
  • iPhone 6s / 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPod Touch(第7世代)

iOS 13へのアップデート手順とかかる時間

くらげ
筆者の環境では、iOS 13へのアップデートにダウンロードも含めて「45分」。ファイルサイズが2GBを超えていたので、WiFiではやや時間がかかりました。

iOS 13のファイルサイズは2.04GBでした。iOS 13へのアップデート方法をご紹介します。

1.設定アプリを開き、「一般」→「ソフトウェア・アップデート」と進む。

2.「ダウンロードとインストール」をタップ。

あとは自動的にiOS 13へのアップデートが開始されます。この時必ずWi-Fiにつなげることを推奨します。今回のアップデートは非常にボリューミーなので充電器に接続しながら行うのが良いかもしれません。

iOS 13不具合情報まとめ

メジャーアップデートは特に不具合が出やすいので、ある程度人柱を待ってからアップデートするのが吉です。ここでは、iOS 13でどのような不具合が報告されたかをまとめています。

写真アプリでクラッシュ

写真アプリのアルバムを端から端まで高速でスクロールすると、写真アプリが強制終了されてしまうようです。おそらく大量の写真の描写速度が速すぎるためクラッシュしている可能性が高いです。ゆっくりスクロールすれば問題ありませんが、不具合の一部かもしれません。

一部ゲームアプリで不具合

やはりメジャーアップデート後のゲームアプリは不具合が起こりやすいです。デレステユーザーがiOS 13にアップデートしたところ、ノーツの抜けなどが多発しているようでした。こればっかりはアプリ側の対応が必要となってきます。

リズムゲー(音ゲー)で不具合報告が多いような気がしました。

特に不具合を感じていないユーザーもいます

iOS 13にしたことで動作が軽くなった

やや古いiPhoneをiOS 13にアップデートしたところ、以前より動作が軽くなったという報告もあります。

これといった目立った不具合は見当たらず、無事に使えているツイートが大半を占めていました。筆者もベータ版から利用していますが、今の所大きな不具合もなく快適に使えています。

ただ、ゲームアプリによってはiOS 13に対応しきれておらず不具合が発生することもあるでしょう。その場合は、Twitterなどでゲーム名で検索し、不具合状況を確認することをおすすめします。

※ なにか不具合が見つかりましたら、コメントにて教えていただけると助かります。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!