[iPhone/iPad]アプリの削除方法を機種別に解説【iOS12以降対応】

iPhoneやiPadでは、ストレージ容量が許す限りアプリを無限にインストールすることができます。しかし、使わないアプリが増えてくるとホーム画面が見辛くなってしまうため、定期的な整理、もしくは削除をおすすめします。

そこで本記事では、iPhone・iPadのアプリ削除方法を機種別に徹底解説。本記事の検証端末は、全てiOS 12以降となっています。

スポンサードリンク

iPhoneのアプリ削除方法

iPhoneでは、次の手順でアプリを削除できます。

  1. ホーム画面のアプリをぐらぐら揺れるまで長押し
  2. アプリアイコンに表示されている「×」をタップ
  3. アプリの削除完了

物理ボタンあり、なしの機種別にわけて、詳しい手順を画像つきで解説していきます。

ホームボタンありの手順

1.ホーム画面のアプリを適当に長押し。

2.アプリアイコンに表示される「×」ボタンをタップ。

3.「◯◯を削除しますか」と表示されるので、「削除」を押す。

最後にホームボタンをタップすると、アイコンの揺れが止まります。

ホームボタンなしの手順

1.ホーム画面のアプリを適当に長押し。

2.アプリアイコンに表示される「×」ボタンをタップ。

3.「◯◯を削除しますか」と表示されるので、「削除」を押す。

4.右上の「完了(Done)」を押す。

以上4ステップでアプリの削除は完了です。

iPadのアプリ削除方法

iPadも基本的にやり方はiPhoneと一緒です。

  1. ホーム画面のアプリをぐらぐら揺れるまで長押し
  2. アプリアイコンに表示されている「×」をタップ
  3. アプリの削除完了

物理ボタンあり、なしの機種別にわけて、詳しい手順を画像つきで解説していきます。

ホームボタンありの手順

iPhone 8など、物理ボタンが存在するタイプはアプリを削除したあとの挙動がホームボタンなしタイプのiPhoneと多少異なります。

1.ホーム画面のアプリを適当に長押し。

2.アプリアイコンに表示される「×」ボタンをタップ。

3.「◯◯を削除しますか」と表示されるので、「削除」を押す。

削除を押すとアプリが削除されると同時に、最初の状態(×アイコンが表示されない状態)に戻ります。

ホームボタンなしの手順

ホームボタンがないiPadの場合、アプリ削除後の挙動が少し変わります。ホームボタンがないタイプは自動的にアプリアイコンの揺れが泊まりますが、物理ボタンがないiPadは止まらず、もう1アクションが必要となります。

1.ホーム画面のアプリを適当に長押し。

2.アプリアイコンに表示される「×」ボタンをタップ。

3.「◯◯を削除しますか」と表示されるので、「削除」を押す。この時点でアプリは削除されていますが、アプリアイコンはずっと震えたままです。そこで、次の手順をとって初期状態に戻します。

4.右上の「完了(Done)」を押す。

以上4ステップで、アプリの削除が完了します。複数個削除したい場合は、完了を押さずに続けて削除処理をしていきましょう。

アプリが削除できない主な原因

アプリ削除ができない、うまくいかない原因は主に次の2つです。

  1. 3D Touch機能が働いている
  2. Apple純正アプリを削除しようとしている

特に多いのが、3D Touchが機能していること。アプリアイコンを長押しする時に強く押し込んでしまうと3D Touchとなってしまいます。この機能が搭載されているiPhoneを使っている人は、優しく長押ししてみてください。

また、iPhoneに最初からインストールされているSafariなどのアプリは削除できないようになっています。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク