【iPhone/iPad】画面録画機能の使い方!内部・外部音声収録方法も

iOS 11以降、iPhoneやiPadではサードパーティ製のアプリを使わずに、内部機能だけで無料で画面録画が出来るようになりました。内部音声もしっかりと撮れるので、ゲーム実況動画などを挙げている人にも使える機能です。

そこで本記事では、iPhone/iPadの画面録画機能の使い方を徹底解説。画面録画機能を使ってみたい人の参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

【iOS】画面録画アイコンをコントロールセンターに表示する方法

画面録画を始める前に必ずやっておきたいのが、画面録画のアイコンをコントロールセンターに表示することです。何もカスタマイズしていない状態だと、コントロールセンターにアイコンが表示されていないからです。

また、画面録画はコントロールセンター経由でしか出来ません。表示方法を画像を交えてご紹介します。

iPhoneのホーム画面から「設定アプリ」を開き、コントロールセンターをタップ。

「コントロールを追加」に画面収録があるので、「含める」の方に移動させます。

この作業を一通り終えると、コントロールセンターに画面収録アイコンが追加されます。

【iOS】画面録画のやり方

画面録画は、iPhone/iPadの「コントロールセンター」から行えます。手順を画像を交えてご紹介します。

まずは、画面右上から下に向かってスワイプしてください。

コントロールセンターが表示されるので、その中にある「二重丸(◎)」アイコンをタップ。

このアイコンをタップすると「3、2、1」とカウントダウンが始まり、画面録画がスタートします。非常に簡単なので、是非試してみてください。

完全に余談となりますが、画面録画のファイル形式はmp4、カメラを使った動画撮影はmovとなっています。

外部音声を取り込む方法

コントロールセンターにある画面収録アイコンをタップするとすぐに録画が始まりますが、この状態だと内部音声しか収録されません。もし、ゲーム実況などで外部音声も一緒に取り込みたい場合は、画面収録のマイクをオンにする必要があります。

やり方は簡単です。手順を画像を交えてご紹介します。

コントロールセンターを開き、画面収録アイコンを長押しします。

長押しすると、収録の詳細画面が表示されます。

この時、「マイクオン」状態にすると外部音声が内部音声とともに収録されます。マイクオン状態になると、マイクアイコンが赤くなります。

外部音声のみを取り込むやり方

画面収録のマイクをオンにした状態で、内部音声を消しつつ外部音声を取り込みたい場合の方法がいくつか用意されています。筆者が確認できたのは、次の2つのやり方です。

  1. マナーモードに設定する
  2. おやすみモードに設定する

通知音なども取り込まなくなるので、便利といえば便利かもしれません。

逆に内部音声が入らないで困っている人は、これら2つのいずれかが適用されている可能性があります。マナーモードなどを解除して内部音声を取り込めるようにしましょう。

【iOS】画面収録ができない主な原因は機能制限

コントロールセンターに画面収録が追加されていない、もしくはiOSのバージョンが11未満である場合、当然ながら画面収録はできません。しかし、それらの条件を満たしていても「スクリーンタイムの機能制限」が掛かっていると画面収録ができないので注意してください。

スクリーンタイムの機能制限の解除は次の方法で行なえます。

設定アプリを開き、「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」の順番にタップ。

「コンテンツ制限」をタップ。

GAME CENTERの項目にある「画面収録」が許可になっていると、画面録画可能です。しかし、「許可しない」になっていると画面収録アイコンをタップしても反応しません。その場合、「許可」に設定を変更しましょう。

その他に考えられる原因

シーンによっては、画面録画機能がそもそも使えないことがあります。

例えば、NetflixやHuluを始めとした動画配信(VOD)アプリでは、著作権保護されたコンテンツのコピーを防ぐためにフィルターを掛けて録画できないようにしています。

YouTubeやニコニコ動画は厳密に言えば動画配信アプリではないので撮影が出来てしまいますが、VOD系アプリは著作権保護の関係性でコンテンツの録画はできない事を念頭に置いたほうが良いと思います。

外部音声をキレイに収録するなら外付けマイクを用意

iPhoneを使って画面収録する際、外部音声も一緒に取り込みたい人も多いかもしれません。しかし、標準のマイクでは雑音がひどかったり、そもそもの音質に満足できない人もいるでしょう。

そんな時は、外付けマイクをiPhoneに装着してキレイな音声を収録しましょう。個人的な意見となりますが、次の条件を満たしたマイクを選ぶのが無難かと思います。

  1. ステレオ入力に対応
  2. 単一指向性/全指向性

また、iPhone 7からイヤホンジャックが無くなったので、Lightning端子に対応したマイクを選ぶのが良いでしょう。また、ピンマイクかスタンドタイプにするかはかなり好みが分かれるので、自分の用途にあった使い方が出来る方を慎重に選んでください。

一例ですが、スタンドタイプなら「SHURE コンデンサーマイク MOTIVシリーズ」が少々高いですがおすすめです。ピンマイクはそこまで優劣が変わらないので、Lightning対応の製品であれば何でも良いと思います。

まとめ

今までiPhone/iPadの画面を録画するには、PC(Windows/Mac)にミラーリングして収録していた方も多いと思います。しかし、ミラーリングは内部音声と動画が音ズレしていたり、動作が重くなるといったデメリットがありました。

しかし、iOSに画面録画機能が追加されたことによりミラーリングの必要が無くなったため、音ズレなどを気にしなくても良くなり、デメリットが打ち消された形になっています。

画面録画中に気をつけたいのは、iPhoneをスリープ状態にしてロック画面を表示させてしまうと収録がストップすることです。録画を途中で止めたくない場合は、設定から無操作の時にスリープ状態になるまでの時間を長くすることをおすすめします。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!