iOS 12.4で何が変わった?新機能・変更点・不具合情報まとめ

Appleは2019年7月23日にiOS 12.4へのアップデートが可能になりました。

そこで本記事では、iOS 12.4の新機能や変更点、および確認されている不具合情報をまとめています。iOS 12.4へのアップデート前に不具合等をチェックしてもらえたら幸いです。

スポンサードリンク

【iOS 12.4】アップデート内容詳細

iOS 12.4のアップデートは、外部に大きく影響する変更点はありません。プラスアルファの機能がiPhoneに追加されるだけになります。

新機能

iOS 12.4にアップデートすることで、iPhoneの移行がますます楽になります。

ソフトウェア・アップデートの説明にもあるとおり、古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを直接転送して端末の移行が簡単になりました。今までだと内部データは別途バックアップが必要でしたが、新しいiPhoneにワイヤレスでデータを直接転送できるようになったので、移行作業が非常に簡単になりました。

iCloudに頼ることがなくなるので、余計な手間を省くための時間という意味でもメリットは大きいはずです。

変更点(修正点)

  • Apple Watchの”トランシーバー”Appのセキュリティを修正し、”トランシーバー”機能を再有効化

その他細かいセキュリティアップデートも行われています。詳細は、Apple公式サイトのiOS 12.4のセキュリティコンテンツについてを参照してください。

iOS 12.4でバッテリー駆動時間が伸びたという動画

アップデート内容として公式サイトに明記されていませんでしたが、iOS 12.4にしたことで12.3.1の時よりもバッテリー駆動時間が伸びたと報告されている動画がありました。

このテストに用いられている端末は、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6s、iPhone 7、iPhone 8の合計5つ。それぞれの端末で、バッテリー駆動時間が次のように変化しました。

  • iPhone 5s:+18分
  • iPhone 6:+34分
  • iPhone 6s:変化なし
  • iPhone 7:+34分
  • iPhone 8:+19分

5端末中4つのバッテリー駆動時間が改善されています。古いiPhoneでバッテリーの消耗が激しいと感じている方は、iOS 12.4にアップデートすることでわずかながら駆動時間の伸びを体感することができるでしょう。

iOS 12.4対応端末

iOS 12.4へのアップデートは、次の端末に対応しています。

  • iPhone:iPhone 5s以降
  • iPad:iPad Air以降
  • iPod:iPod Touch(第6世代)以降

iOS 12.4へのアップデート手順とかかる時間

くらげ
筆者の環境では、iOS 12.4へのアップデートにダウンロードも含めて「14分」。アップデート作業のみであれば6分で終了しました。

iOS 12.4のファイルサイズは391.4MBでした。現在のiOSのバージョンで多少前後しますが、そこまでファイルサイズは大きくありません。iOS 12.4へのアップデート方法をご紹介します。

1.設定アプリを開き、「一般」→「ソフトウェア・アップデート」と進む。

2.「ダウンロードとインストール」をタップ。

あとは自動的にiOS 12.4へのアップデートが開始されます。この時必ずWi-Fiにつなげることを推奨します。

iOS 12.4不具合情報まとめ

特に大きな不具合報告は見られず

iOS 12.4はメジャーアップデートではないため、大きな不具合に遭遇している人もいないようです。少し古いiPhoneでも不具合・問題なくアップデートが完了し、快適に使えているという声が多々見られました。

新機能であるiPhoneのデータ移行も問題なく使えている様子も見受けられました。

アップデートで逆に不具合が解消されたユーザーも

iOSへのアップデートは不具合の心配が多いですが、逆にアップデートしたことに寄って不具合が解消されたユーザーもいます。今現在iOS 12.3.1で不具合に遭遇しているユーザーは、12.4にアップデートすることで直る可能性も秘めています。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!