【2019年新型】iPad Air 3とiPad mini 5の比較!どっちがオススメ?

2019年3月、同時期に発売されたAppleの新しいiPad miniとiPad Airですが、これら2つはスペック的にも非常によく似ているため、果たして自分はどっちを買うべきかと悩んでいる方多いはず。

しかし、よくスペックなどを比較していくと、細かい違いが見えてきました。そこで本記事では、2019年新型iPad Air 3とiPad mini 5を徹底比較。購入の参考になれば幸いです。

iPad Air 3とiPad mini 5のスペック比較

まず初めに、それぞれのタブレットの基礎スペックから比較しました。

iPad Air 3iPad mini 5
販売価格54,800円〜45,800円
CPUApple A12 BionicApple A12 Bionic
ディスプレイ10.5インチ(2,224 × 1,668px)7.9インチ(2,048 × 1,536px)
ストレージ64/256GB64/256GB
サイズ250.6 × 174.1 × 6.1mm203.2 × 134.8 × 6.1mm
重量Wi-Fiモデル:456g
Cellularモデル:464g
Wi-Fiモデル:300.5g
Cellularモデル:308.2g
その他Smart Keyboard対応
Bluetoothキーボード対応
Bluetoothキーボード対応

スペックを見るとわかる通り、iPad Air 3とiPad mini 5はとてもよく似ています。イメージで例えるなら、iPadのLサイズ、Mサイズといった感じです。カラーはそれぞれシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色が用意されており、背面のアルミニウム加工も同じなので視覚的にはほとんど違いはわかりません。

ベゼル/サイズ/重量の違い

iPad Air 3はディスプレイサイズが大きいのはスペックでもわかりますが、ベゼル幅がiPad mini 5よりも大きくないのが大きなメリットです。

画像でもわかる通り、上下のベゼル幅に大きな差があります。iPad mini 5のサイズは203.2 × 134.8 × 6.1mmで、iPad Air 3のサイズは250.6 × 174.1 × 6.1mmです。高さと横幅は異なりますが、厚さに関しては6.1mmと全く同じ。そしてiPad mini 5の方がディスプレイサイズが小さいので、当然ながら重量も150gほど軽くなっています。

SmartKeyboardのサポート

iPad Air 3にはSmart Connectorが側面部分にあるので、Apple社のアクセサリーである「Smart Keyboard」をドッキングさせて使うことができます。

ですが、iPad mini 5にはSmart Connectorが付いていないので、KeyboardはBluetoothキーボード以外使うことはできません。必ずしもSmart Keyboardが必要かと言われると、「そうでもない」というのが今まで使ってきた感想です。

正直Macを持っているのならば、キーボード操作をする機会自体がiPadではほとんどありません。

どちらもApple Pencilに対応

iPad Air 3とiPad mini 5では、どちらもApple Pencilがサポートされています。ただし気をつけたもらいたいのは、サポートしているのは第一世代のApple Pencilであるということ。

2018年に発売されたiPad ProではApple Pencilの第二世代が使えるようになりましたが、このデバイスには両者とも対応していないので、Apple Pencilを購入する際は間違えずに第一世代を購入するようにしてください。

Face IDはサポートされず

iPad Air3とiPad mini 5ではTouch IDによる認証となっており、ベゼル部分にホームボタンが用意されています。しかし、Face IDには対応していないので、使い勝手としては2018年に発売されたiPadと同様になっています。

iPad Air 3とiPad mini 5どっちを買うべきか?

2つの大きな違いは、画面サイズとスマートキーボードのサポートの有無だけです。基本的にはスペックもほぼ変わらない同じ仕様のタブレットとなっているので、選ぶのが難しいのも事実。

Apple Pencilを多用するならiPad Air 3がオススメ

もしあなたが、イラスト制作、ちょっとしたお絵かきを楽しみたいのでしたら、迷わずiPad Air 3を選びましょう。その理由は以下の3点。

  1. 画面サイズが単純に大きい
  2. ベゼルがiPad mini 5より狭い
  3. スマートキーボードに対応している

イラストを製作する場合、やはり小さい画面だと描きにくいこともあり、単純なディスプレイサイズが大きくベゼル幅も狭いiPad Air 3が選択肢に入ります。欲を言えばiPad Proをオススメしたいですが、価格が89,800円からと高くなっているので、低価格との中間層であるiPad Air 3のコスパは必然的に高くなります。

また、スマートキーボードも使えるので、ショートカットを使いながらのイラスト製作にも向いています。

読書・映画鑑賞程度ならiPad mini 5でも十分

総合的にはやはりiPad Air 3の方が優れているのは間違いありません。ですが、お絵かきはそこまでやらないし、iPadを使ってネットサーフィンやkindle(電子書籍)を読む、映画を見る程度でしたら、iPad mini 5でも十分です。

少しディスプレイサイズが小さくなるので雑誌類・活字の本を読むのには適していませんが、漫画なら問題なく読めます。また、価格も45,800円からとiPad Air 3よりも10,000円ほど安いのがポイント。

さらに重量も150gほど軽いので、持ち歩きには適しています。

まとめ:iPad Air 3を推したい

ここまで、2019年新型iPad Air 3とiPad mini 5を比較して、違いを紹介してきました。

個人的には、iPad Air 3がオススメです。大は小を兼ねるという言葉がある通り、iPad mini 5でできることは全てiPad Airで出来てしまいます。ですが、iPad mini 5ではiPad Air 3で出来ることが全てできるわけではありません。

少しだけ料金が高くなりますが、2年、3年と使うことを考慮すると、iPad Air 3の方に軍配が上がるのではないかと感じました。

最新情報をチェックしよう!