iPad:強制終了のやり方を画像つきで解説【最新Proシリーズ対応】

iPadのサイドボタンを押し続けても「電源オフ」の表示がでずに困った経験はないでしょうか。そのような不具合に遭遇した場合、強制終了のやり方を覚えておくと何かと捗ります。

そこで本記事では、iPadを強制終了させる手順を徹底解説。ホームボタンがないiPad Pro 2018、およびそれ以外のiPadの2つで手順を紹介しています。

スポンサードリンク

【iPad Pro 2018】強制終了のやり方

iPad Pro 2018はホームボタンが存在しない端末であるため、従来どおりのやり方で強制終了ができません。iPad Pro 2018の場合、次の手順で強制終了ができます。

  1. 音量を上げるボタンを1回押す
  2. 音量を下げるボタンを1回押す
  3. 電源が切れるまで上部(サイド)ボタンを押し続ける

1.音量を上げるボタンを1回押す。

2.音量を下げるボタンを1回押す。

3.電源が切れるまで上部ボタンを押し続ける。

音量ボタンを押す際は、長押しではなく短押しで1回だけ押してください。その後電源が切れるまで上部ボタンを押し続けますが、長すぎるとAppleロゴがディスプレイに表示され再起動となってしまうことに注意しましょう。

【ホームボタンがあるiPad】強制終了のやり方

Face IDではなく、ホームボタンが搭載されているiPadでは、次の手順をふむことで強制終了することが可能です。

  1. 上部ボタン + ホームボタンを電源が切れるまで押し続ける

具体的なやり方は、下記画像のとおりです。

この時注意してもらいたいのが、Appleロゴを表示させないこと。電源が切れた段階でボタンを離すことによって強制終了となります。Appleロゴが表示された場合は再起動となってしまうことに注意しましょう。

iPadがすぐ落ちる(勝手に強制終了される)原因は?

手動ではなく、iPadを操作していたら勝手に電源が落ちて強制終了されてしまったというケースもいくつか見受けられます。原因として考えられるのは、次の3点。

  1. iOS(iPadOS)のバグ
  2. アプリの開き過ぎによるメモリ不足
  3. iPad自体の故障

最も多いのが、iOS(iPadOS)のバグです。特にメジャーアップデートでiOSのナンバーが変わる時に起こりやすく、サポートギリギリのラインに留まっているiPadを利用していると、強制終了に遭遇することがあります。

参考iPadを強制再起動するやり方

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク