【iPhone 11 Pro/Pro MAX】おすすめ強化ガラスフィルムまとめ【レビュー有】

iPhone 11 Proを購入し持ち歩いて使っていましたが、いくつか問題点が見つかりました。その問題点の一つが「画面にキズが付きやすい」ということ。iPhone 11 Proは有機ELディスプレイが使われているので、どうしても擦り傷などに弱い弱点があり、筆者は購入初日に早速キズを付けてしまいました。

そのため、なるべく早くフィルムを貼ることをおすすめします。

そこで本記事では、iPhone 11 ProやiPhone 11 Pro MAXにおすすめな強化ガラスフィルムを特徴別に分けて紹介。ガラスフィルムを貼って、大事なiPhoneを守りましょう。

スポンサードリンク

高透過のオーソドックスな強化ガラスフィルム2選

まずは最もオーソドックスとされる「高透過の強化ガラスフィルム」のおすすめを2つ紹介します。

iPhone 11 Proは有機ELディスプレイ(OLED)の画面のため、非常に映像がキレイなのが特徴です。そして、その美しい映像をフィルムを貼ることで劣化させたくない場合、高透過の強化ガラスフィルムがおすすめされます。

【NIMASO】2枚入りでコスパ良し!全面保護強化ガラスフィルム

商品の詳細レビューや使用感は、上記動画で詳しく紹介しています。

AmazonにてNIMASOが販売している、全面を保護してディスプレイを守ることが出来る強化ガラスフィルム。1,000円台で購入できるにも関わらず、フィルムは2枚入り。

その他、フィルムをキレイに貼るためのウェットペーパー、クリーニングクロス、ホコリ除去シール、ガイド枠などがついています。ガイド枠を使って貼ったガラスフィルムが下記となります。

レビュー品として購入しましたが、透過率も高くノッチ部分の受話スピーカー部分の穴の位置もズレなくキレイです。やや指の滑りが悪く感じましたが、グレアタイプであればこれが当たり前かな、という感想です。

品質も悪くなくコスパも高いので、iPhone 11 Proにどのガラスフィルムを貼ろうか今ひとつ決めきれない人におすすめします。

Kotech】黒フチなしの2枚入り!コスパの良い全面保護強化ガラスフィルム

先程紹介したNIMASOの強化ガラスフィルムは、iPhone 11 Proのベゼル部分にあたる縁が黒くコーティングされていました。もしかすると、少しフィルムがずれてインカメラやFace IDを覆う可能性もあるため、できれば縁もクリアになっている保護フィルムがほしいユーザーもいると思います。

そんな方におすすめなのが、Kotechの黒フチがない全面保護強化ガラスフィルムです。

高い透過率とベゼル部分までカバーする全面保護タイプで、性能面はNIMASOのガラスフィルムと変わりません。違いは黒い縁があるかどうか。そしてKotechのガラスフィルムも2枚入りで、税込み1,000円前後なのでコスパは悪くありません。

反射・映り込み防止!アンチグレア強化ガラスフィルム2選

iPhone 11 Proは有機ELディスプレイ(OLED)なので、透過率の高いフィルムやそのままで使いたい人もいます。一方で、「照明が映り込む」「自分の顔が反射して映ってしまう」などの、キレイさ故のデメリットもあります。

そんな方におすすめしたいのが、「アンチグレア強化ガラスフィルム」です。

このタイプのフィルムを使うことで、「反射防止」「映り込み」などを防ぐことができます。さらに、表面に指紋がつきにくい加工がされているフィルムも多いのが特徴です。

【TATE GUARD】ゲーマーに嬉しい表面サラサラアンチグレア強化ガラスフィルム

筆者がiPhone 7時代から愛用している、TATE GUARDのアンチグレア強化ガラスフィルムです。Face IDやインカメラの精度が落ちないように、ノッチ部分だけ反射防止加工をしていない親切な設計や、表面サラサラの指滑りの良さがおすすめポイント。

実際に貼って照明を落としてみましたが、アンチグレア加工がしっかりと施されているため、ディスプレイに映り込むことがありませんでした。全面保護、指紋防止、飛散防止等の加工もされている、筆者オススメのアンチグレア強化ガラスフィルムです。

iPhone 11 Proはコチラ

【吉川優品】日本旭硝子製!さらさら手触りのアンチグレア強化ガラスフィルム

もう一つ、似たようなアンチグレア強化ガラスフィルムが売っていたので紹介します。TATE GUARDのフィルムと内容物などが一切変わらなかったので、おそらくどこかのOEM製品と思われますが、品質は問題ありません。

光をiPhone 11 Proに向かって落としても映り込みがありませんし、表面が非常にサラサラしていて指滑りが良かったです。特に光を落とした時全く眩しくないので、眼に痛くなく見やすいと感じました。全面ほど、指紋防止加工もTATE GUARD同様にされているフィルムです。

どっちを購入するかはあなた次第。パッケージのジャケ買いで吉川優品を選んでも良いかもしれません。

iPhone 11 Proはコチラ

眼の疲れを軽減!ブルーライトカット強化ガラスフィルム

スマホを長時間見る機会が多い、どちらかと言うと眼が非常に疲れやすい方は、オーソドックスなタイプの強化ガラスフィルムだと、光の映り込みによるギラつきで、眼の疲れを感じやすいかもしれません。

そんなユーザーにおすすめなのが、「ブルーライトカット強化ガラスフィルム」です。

ブルーライトをカットすることで、眼の疲れを軽減してくれます。ですが、少しフィルムに色がついてしまっているため、せっかくのiPhone 11 Proのキレイな映像をそのままで楽しめないデメリットも持ち合わせています。

【Tomaka】極薄0.25mm!ブルーライトカット強化ガラスフィルム

ブルーライトカットの強化ガラスフィルムは販売数自体が少ないので、色々な製品の中から選べないのが残念ポイント。そんな数少ない中でおすすめだと感じたのが、Tomakaのブルーライトカット強化ガラスフィルムです。

画像を見てもらえればわかりますが、少し青みがかったフィルムとなっているため、iPhone 11 Proに装着すると電源オフ状態だと全体的に青く見えます。

ただし、このように電源を入れて映像を見てみると、さほど青っぽさは気になりません。タッチ感度も悪くありませんし、しっかりと全面保護されているので、iPhone 11 Proも強固に守れると感じました。

ちなみにノングレアの反射防止タイプではないフィルムなので注意してください。

iPhone 11 Proはコチラ

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!