iPhone 11 Proのカメラ性能の実力は?使い方と一緒に写真付きで紹介

2019年9月20日に発売されたiPhone 11 Proは、iPhoneで初めてトリプルレンズカメラが搭載された端末です。多くのユーザーがそのカメラに興味を示していると思われますが、果たしてどのくらい凄いカメラなのかはそこまでわかっていないかもしれません。

そこで本記事では、iPhone 11 Proのカメラ性能のチェックや、新機能の望遠、超広角、QuickTake、ナイトモードなどの使い方を徹底紹介。iPhone 11 Proの購入を検討している人の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

iPhone 11 Proで新たに追加されたカメラ機能一覧

iPhone 11 Proでは、トリプルレンズカメラが搭載されたことにより、新たに次の機能が加わりました。

  1. 望遠
  2. 超広角
  3. QuickTake
  4. ナイトモード

望遠状態になると、最大10倍までのズームが可能になります。望遠レンズが存在しないiPhone 11では、最大5倍なのでiPhone 11 Proはその2倍のズームが可能です。これだけでも正直凄い性能差だと感じます。

超広角レンズでは、120度の視野角でより広い視野で写真撮影が出来るようになりました。今までフレームに入りきらなかった撮りたいものがあった場合、後ろに下がって視野角を無理やり広いように見せていましたが、それの手間がなくなっています。

QuickTakeは、写真撮影と動画撮影を瞬時に切り替えられる機能。その逆で、動画撮影時に写真撮影モードに切り替えることも可能です。

そして最後に、ナイトモード。ナイトモードでは、暗い場所、照明がほとんどない薄暗い場所で実力を発揮する機能で、真っ暗な写真をより明るく見せることが出来るようになりました。

これらが4つがiPhone 11 Proで新たに追加された機能です。Appleの製品紹介ではポートレートモードに関しても触れられていますが、これはiOS 13の機能追加であり、厳密にはiPhone 11 Proの機能ではないので割愛します。

iPhone 11 Proのカメラ新機能の使い方

それでは実際に、iPhone 11 Proを使ったカメラの新機能の使い方を1つずつご紹介します。

iPhone 11 ProではUIが刷新されています

使い方を紹介する前に、ザックリとiPhone 11 ProのカメラアプリのUIについてご紹介します。実はiPhone XR等とは少しUIが変わっており、カメラフレームの外はどんな映像が映し出されているのかを見られるようにもなっています。

また、iPhone 11 Proには画面比率に「16:9」が追加されています。今までは4:3もしくは1:1のスクエア比率でしか標準カメラでは撮影できませんでしたが、今回から16:9が追加されたことにより、写真のトリミングや比率直しの手間が省けるようになりました。

望遠の使い方

望遠レンズを使った写真を撮りたい場合、「ズームイン」をしましょう。

iPhone 11 Proでは、10倍までの拡大が可能になっており、望遠レンズがないiPhone 11では5倍までの拡大しかできません。

使い方もシンプルです。ズームインを5倍以上すると望遠レンズでの撮影となります。

10倍になると流石に描写が荒くなりますが、写真撮影後に補正が自動的に入り少し画質がまともになります。思ったよりキレイな写真が撮れるので、詳しくはカメラ性能紹介の章でチェックしてみてください。

超広角の使い方

超広角レンズを使った写真撮影を行いたい場合、「ズームアウト」を使います。

iPhone 11 Proではズーム倍率が1倍より下の倍率が存在します。それこそが超広角レンズを使った撮影となり、最大で0.5倍までズームアウトすることが可能です。

使い方も簡単。ズームイン・アウトの調整で0.5倍を選べば超広角レンズでの撮影となります。

iPhone 11 Proの倍率調整のやり方が多少変わりましたが、今まで通り画面をピンチインアウトをすることで、ズームイン・アウトの調整をすることも可能です。

QuickTakeの使い方

QuickTakeを使うことで、瞬時に写真撮影から動画撮影に切り替えることができます。使い方もシンプルです。

カメラアプリを起動し、写真撮影モードになっていることを確認したら、「撮影ボタンを長押し」します。長押し目安は1秒も必要ありません。

すると、動画撮影モードに切り替わります。

この状態で動画撮影を長時間続ける場合、指を離さずに押し続けなければなりません。なぜなら、指を離した段階で動画撮影が終了してしまうからです。しかし、そんな時のためにQuickTakeでは指を話しても動画撮影が継続するような操作方法が用意されています。

QuickTakeで動画撮影モードに切り替えた後、「南京錠(鍵)アイコン」に向かって指をスライドします。

すると、鍵アイコンから白丸に変わります。この状態になったら、指を離しても動画撮影が継続します。

これとは逆に、動画撮影モードから写真撮影モードに切り替えることができます。

手順は簡単。白丸アイコンを、今度は中央の動画撮影ボタンに向かってスライドさせるだけです。

QuickTakeの使い方は、以上になります。

ナイトモードの使い方

ナイトモードは、ある一定の暗さに達すると自動的に作用します。例えば、下記のような暗い場所で撮影をすると、半月っぽいアイコンが黄色に点灯。この状態は、ナイトモードがオンになっていることを意味します。

ですので、ナイトモードを使うには特別な操作は必要ありません。しかし、暗い場所でナイトモードなしで写真撮影をしたい人もいると思います。そんな時は手動でナイトモードをオフにしましょう。

写真撮影モードにし、画面上部の下矢印をタップして詳細メニューを表示します。その後、半月っぽいアイコン(ナイトモード)をタップし、調整ダイヤルを指でスライドさせてナイトモードの微調整を行います。

オフにしたい場合は、オフになるまで端までスライドしてください。この状態で撮影をすれば、ナイトモードが起動せずに写真を撮ることができます。

iPhone 11 Proのカメラ性能を写真を交えてレビュー

iPhone 11 Proに新たに追加されたレンズやモードを使って、実際に写真撮影を行ってみました。例えば、望遠や超広角レンズを使えばどのような写真が撮れるのか参考にしてください。

望遠

まずは望遠レンズを使った撮影からご紹介。望遠レンズの最大距離である10倍で撮影した時、どのくらいキレイに撮りたいものが撮れるのかを確かめてみました。

下記は通常の1倍で撮影した写真です。

この池にいる鯉を望遠レンズで撮影してみました。

もっとボヤケて見えると思っていたユーザーも多いのではないでしょうか。実は10倍で撮影しても対象物によってはここまでハッキリと写真を撮ることができます。望遠レンズ、思ったより高性能だなと感じました。

しかし、1点弱点があるとすれば「対象物が小さすぎると精細が写真を撮ることは難しい」ということです。試しにトンボを撮影してみたのが下記です。

対象物が小さいと、途端に描写が荒くなっていることがわかります。もし、望遠レンズの最大10倍距離を使ってキレイな写真を撮りたい場合は、対象物がやや大きくないとダメかもしれません。

これくらいの大きさであれば、望遠レンズを10倍にしても見れるレベルかなと感じました。

超広角

次は超広角レンズを使った撮影。通常の倍率1倍と比較して、どのくらい広い視野角で撮れるのかを比較しています。なお、全て同じ位置での撮影です。

(左)通常、(右)超広角

超広角レンズであh、手前のポールランプが隠れずにしっかりと全て映し出されています。手前だけでなく、横の視野角も広がって見えます。

(左)通常、(右)超広角

通常の広角レンズで撮影された写真では、右の建物が途中で途切れてしまっています。これはこれで良いのですが、超広角レンズで撮影すると、奥行きのある写真に仕上がっているなと感じます。

ナイトモード

最後にナイトモードをオフにした時、オンにした時を比較してみました。

ナイトモードオフ
ナイトモードオン

真っ暗だった芝が、緑色だとわかるくらい明るさ調整がされています。深夜に撮影した写真でも、夕方の薄暗い時に撮影したくらいまでは明るくなります。

ナイトモードオフ
ナイトモードオン

逆にそこまで暗くない、明るさが残る場所でナイトモードを比較してみたところ、多少明るくなった程度に調整されています。ナイトモードは暗ければ暗い場所ほど本領を発揮する機能だと感じました。

ナイトモードオフ
ナイトモードオン

最後に、星空はナイトモードで映し出されるのか写真を撮ってみました。当然ながら、ナイトモードがオフの状態ではほとんど光が見えません。しかし、ナイトモードをオンにすると、いくつか白い点が見つかりました。

ナイトモードは最大で10秒間の補正処理を入れますが、星空を撮影した時は10秒のフル補正が入っています。最大補正でようやく見られるレベルです。もっと空が綺麗な場所で撮影すればクッキリと星空を見られるかもしれませんが、関東の空ではこれが限界かなと感じました。

まとめ:トリプルレンズカメラは予想以上に凄かった

ここまで、iPhone 11 Proのカメラ性能のレビュー、および新機能の使い方を詳しくご紹介してきました。

カメラアプリのUIが刷新されたことで多少使い方に戸惑うかもしれません。最初は慣れませんでしたが、使っているうちに慣れると思います。

肝心のトリプルレンズカメラの性能は、今までのiPhoneで間違いなく一番良いと感じました。筆者はそこまでカメラを使って写真を撮るタイプではありませんが、今回のiPhone 11 Proは写真撮影が楽しいと感じたスマホです。今までのiPhoneではポートレートモードが凄かったな、くらいの感想だったので、楽しいと思ったのは初めてです。

トリプルレンズカメラは予想以上に凄かったので、今後の写真撮影がより楽しみになりました。iPhone 11 Proのカメラ性能にはかなり満足しています。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!