iPhone 11 Proの実機レビューまとめ!ベンチマークスコアも上々な端末に

2019年9月20日、iPhone 11 Proが発売されました。予約開始直後にApple Storeで注文し、まだかまだかと待っていましたがようやく手元に届いたので、早速iPhone 11 Proを使ってみました。

本記事では、iPhone 11 Proの実機レビューを行っています。iPhone 11 Proの外観、カメラ機能、ベンチマークスコアが気になる人の参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

iPhone 11 Proの開封から外観レビュー

今回筆者が購入したカラーは「ミッドナイトグリーン」。新色ということで、真っ先に購入しようと決断したカラーです。実際にApple Storeでも売り切れるのが最も早かったですし、iPhone 11 Proの中で最も人気な色ではないかと思います。

それでは早速開封していきたいと思います。

まさかの箱の色が黒に

いつもとは違い、箱の色が黒ではなく白色になっており、何やら高級感を漂わせる雰囲気を醸し出しています。

箱を開けると、いきなりiPhone 11 Proとご対面。

ファーストインプレッションは「これはめちゃめちゃ良い色合いだ!」という感じです。ミッドナイトグリーンはiPhoneでは初めてのカラーとなるので少々不安な点もありましたが、ご対面した瞬間にそれが全て吹き飛びました。

OLEDのディスプレイが非常にキレイ

今回のiPhone 11 Proに採用されているディスプレイはOLEDです。iPhone XSと変わらないディスプレイ素材となっています。電源を入れて映像を映し出す前から、光沢具合や反射具合を見て非常にキレイだと感じました。

ディスプレイのノッチ、いわゆるM字ハゲの部分は健在。

iPhone X以降続いているディスプレイの作りですが、正直2年以上使っていたら慣れてしまったので、ノッチも最近は気にならなくなってきました。

側面は光沢感のあるガラスフレームが使われている

iPhone 11 Proのフレームは光沢感のあるガラス素材が使われています。

側面フレームのボタンの配置はいつもと同じく、正面から見て左側にマナーモード切替スイッチ、音量を上げる、音量を下げるボタン。

右側にサイドボタンが配置されています。同じくSIMカードスロットも右側に存在します。

ミッドナイトグリーンのガラスフレームはなんとも言えない色合いで、正直かなり好みなカラー。

相変わらずのLightning端子

iPhone 11 Proが発表される前は、次の端末こそUSB Type-Cに対応しているだろうと期待されていました。しかし蓋を開けてみると、今回のiPhone 11 ProもLightning端子が採用されています。

2020年に5G対応のiPhoneが発売される噂もあるので、もしかするとそっちでType-C対応になるかもしれません。ただ、今回見送りとなっているのは少々残念ではあります。

背面がガラス素材ではなくなった

iPhone XSの後継機種なので、全面ガラスかと思っていましたが違いました。今回のiPhone 11 Proの背面は、サラッとした「ステンレススチール」が使われています。

ミッドナイトグリーンの色合いも明るすぎず暗すぎずでちょうど良く、シックな感じで大人なiPhoneに仕上がっていると感じました。

非常にサラサラで、指紋がベッタリと付かない背面になっています。これはiPhoneを裸で運用しても良いかもしれません。

トリプルレンズカメラはやっぱりゴツい!

今回のiPhone 11 Proの目玉とも言えるのが、「トリプルレンズカメラ」です。

背面に3つトライアングルの陣形で並んでおり、やっぱり見た目はゴツいなと感じました。

噂されていたとおり、やはり見た目はカッコよくありません。

横から見ると、カメラレンズが若干出っ張っているため、レンズに傷をつけないようにクリアケースや手帳型ケース、もしくはレンズ用のフィルムを貼るのが良いかもしれません。

本体重量も公表重量とほぼ同じ

おまけですが、iPhone 11 Pro本体の重量を計測してみました。

公表重量が188gで、計測した結果が187.5gだったので、差はほぼありません。

ここまでが、iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーンの外観レビューでした。

くらげ
個人的に外観はミッドナイトグリーンのおかげでお気に入り!背面のステンレススチールとシックな色合いがいい感じに調和されています。

ギークベンチを使ったベンチマークスコアの測定結果

初期設定とアプリのインストールがすべて完了したので、Geekbench アプリを使って、CPUとデバイス本体のベンチマークを測定してみました。

その結果が下記となります。

CPUのベンチマーク

シングルが5489、マルチコアで13792のスコアが測定できました。今回のiPhone 11 ProはA13 Bionicを搭載しており、2019年9月時点では、今までで最高のスコアを叩き出せるとApple発表会で言及していました。

実際にiPhone XSやXRに搭載されていたA12 Bionicと比較してみます。

iPhone XRのA12 Bionicでは、マルチコアで11237のスコアとなりました。約2500以上の差がついており、iPhone Pro 11リリース時点ではかなりの高スコアであることは間違いありません。

デバイス本体のベンチマーク

次に、デバイス本体のベンチマークスコアを測定してみます。

結果は、28735のメタスコア。iPhone XRでも同時にデバイスのベンチマークスコアを測定してみました。

iPhone XRでは、21023のメタスコアを記録。

CPUのベンチマークはチップセットのバージョンアップで当然上がっていますが、それ以上に上がり幅が大きかったのがデバイス本体のスコア。iPhone XRでも十分ヌルサクで動くので、iPhone 11 Proであれば現在App Storeにリリースされているアプリであれば、ほぼヌルサクで動くのは間違いないでしょう。

トリプルレンズでカメラが大幅強化されている

iPhone 11 Proの目玉機能である、トリプルレンズカメラ。カメラレンズが増えたことで、色々な機能も増えました。

望遠レンズの追加で10倍のズームインが可能に

iPhone 11 Proには、広角と超広角に加え、望遠レンズが追加されています。望遠レンズが搭載されたことにより、最大10倍までのズームインが可能になりました。

細部までしっかりと映し出されているのがわかります。

ズームインだけじゃない!最大0.5倍までのズームアウトにも対応

カメラ機能のズームインを試していた時に気づいたのですが、iPhone 11 Proから「最大0.5倍のズームアウト」にも対応しているようです。

おそらくこの0.5倍のズームアウトが「視野角120度の超広角モード」なのだと思います。明らかに撮影範囲が広くなっているので、近くにいながらも遠くから撮影しているような写真を撮ることができます。

撮影比率に「16:9」が追加された

個人的にカメラ機能で一番嬉しかったのは、撮影比率に「16:9」が追加されたことです。

今までだと、「4:3」と「スクエア(1:1)」の比率しかなかったので、16:9の比率にする時にトリミングなどが面倒だと感じていました。

「16:9」の比率が追加されたことで、トリミングの作業が一つ減ったので、動画編集やブログ用の画像編集の手間が一つ減りました。Galaxyなどは既に16:9での撮影が出来ていただけに、「やっと来たか!」という感じです。

QuickTakeで即座にビデオ撮影ができるようになった

もう一つ、iPhone 11 Proのカメラで忘れてはいけないことがあります。それは、「QuickTake」です。

QuickTakeは、写真撮影時に動画モードに切り替えることなく動画を撮影できる機能です。具体的には、下記のように写真撮影時に撮影ボタンを長押しすることで、ビデオ撮影になります。

この状態での動画撮影は指を離すまで続きます。

指を離したら自動的に撮影が停止されますが、もし、そのまま動画を続けたい場合ずっと指を押した状態はつかれると思います。そんな時のために、写真モードから動画モードに切り替える方法も用意されています。

動画撮影が始まったら指をそのまま右にスライドさせると、動画モードに切り替わり、後は指を離しても大丈夫です。

逆に今度は動画モードから撮影モードに戻したい場合は、右の点から真ん中の点に向かってスライドさせます。

写真撮影時、とっさにビデオを回したくなった時に便利な機能かと思います。

トリプルレンズカメラで実際に写真撮影してみました

カメラ機能が色々と進化したのは体感できましたが、実際にこのトリプルレンズで写真撮影するとどのように映るのか。実際に色々な撮影方法で写真撮影してきました。

16:9の2.5倍ズームイン撮影

16:9の10倍ズームイン撮影

16:9の0.5倍ズームアウト撮影

奥行きのあるぼかし撮影

正直、写真撮影は下手な私ですが、それでもそれっぽい写真が撮れているかなと感じます。カメラの設定を細かく弄らずズームイン・アウトの調整をするだけで、この程度の写真であれば素人でも撮れてしまいます。

かなりカメラは使いやすくなったなと感じました。

最初は「iPhone 11 Proなんて大した進化はないんでしょ」と小馬鹿にしていましたが、使ってみるとその評価は一転。特にカメラがお気に入りで、トリプルレンズだとここまでそれっぽい写真が素人でも撮れてしまうのか、と驚いています。

来年のiPhoneでは5G対応が期待されており、2019年のiPhone 11 Proを買い控えしている人も多いかもしれません。それも大いにアリだと思いますが、もしこのレビューを見て少しでもカメラを体験してみたいと思った人は、iPhone 11 Proの購入を考えていいかと思います。

iPhone 11 Proのスペック

iPhone 11 Pro
ディスプレイ5.8インチ
Super Retina XDRディスプレイ
生体認証Face ID
Apple Pay
CPUA13 Bionic
第3世代 Neural Engine搭載
ストレージ64GB/256GB/512GB
バックカメラトリプルレンズ 12MP
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
望遠:f/2.0
フロントカメラ12MP
ビデオ撮影4Kビデオ撮影
オーディオズーム/QuickTakeビデオ
防水/防塵IP68
SIMサイズデュアルSIM(nano/eSIM)
カラーゴールド/スペースグレイ/シルバー
ミッドナイトグリーン
バッテリーiPhone XSより4時間長い駆動
イヤホンジャック×
コネクタLightning
スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!