iPhone 11 Proと11の違い!比較してどっちを購入すべきか検証

2019年はiPhone 11とiPhone 11 Proの2つが販売されました。どちらも最新機種なので、何が違うのか、どっちを購入すべきか迷っている人も多いはず。

そこで本記事では、iPhone 11 ProとiPhone 11を様々な視点から徹底比較。どちちを購入するかの参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

iPhone 11 ProとiPhone 11の比較ポイント

次の5項目を比較して、iPhone 11 ProとiPhone 11の違いをチェックしていきたいと思います。

  1. 基本的なスペック
  2. 大きさと重さ
  3. カメラ性能
  4. CPUのベンチマークスコア
  5. 販売価格

2019年のiPhoneはiPhone Xから続くノッチデザインは変わらず、イヤホンジャックなし、Face IDのみの生体認証となっています。そのため、デザイン面では大きな進化はないので、主に中身を比較していくのが良いでしょう。

iPhone 11 ProとiPhone 11のスペック比較

まず初めに、両端末の基礎スペックを比較します。

iPhone 11 ProiPhone 11
ディスプレイ5.8インチ
Super Retina XDRディスプレイ
6.1インチ
Liquid Retina HDディスプレイ
生体認証Face ID
Apple Pay
CPUA13 Bionic
第3世代 Neural Engine搭載
A13 Bionic
第3世代 Neural Engine搭載
ストレージ64GB/256GB/512GB64GB/128GB/256GB
バックカメラトリプルレンズ 12MP
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
望遠:f/2.0
デュアルレンズ 12MP
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
フロントカメラ12MP
ビデオ撮影4Kビデオ撮影
オーディオズーム/QuickTakeビデオ
防水/防塵IP68
SIMサイズデュアルSIM(nano/eSIM)
カラーゴールド/スペースグレイ/シルバー
ミッドナイトグリーン
ブルー/ホワイト/ブラック/イエロー
コーラル/レッド
バッテリーiPhone XSより4時間長い駆動iPhone XRより1時間長い駆動
イヤホンジャック×
コネクタLightning

スペック表を見て気づいたかもしれませんが、実はiPhone 11 ProとiPhone 11で大きな差はありません。明確に違うと言えるのは、ディスプレイとバックカメラの2つのみとなります。それ以外は微々たる差なので、優劣がつけにくいと言えます。

液晶と有機ELディスプレイ

iPhone 11 ProはiPhone XSの後継機であるため、引き続きOLEDディスプレイが使われています。コントラスト比が200万:1となっており、輝度も大きく明るくきれいな映像が画面上に映し出されます。

一方のiPhone 11はiPhone XRの後継機なので、液晶ディスプレイを継承しています。コントラスト比が1400:1とiPhone 11 Proと比較すると、当然ながら輝度が小さいので画面のキレイさは劣ります。しかし、決して品質が悪いディスプレイという訳ではないので普通に使っているぶんには問題ないと言えます。

とは言え、やはり有機ELディスプレイは実際に使うと映像がキレイに映ると実感を得られます。

iPhone初のトリプルレンズ採用

iPhone 11 Proは、iPhoneで初めてトリプルレンズを採用した端末になります。トリプルレンズになったことで、それぞれのレンズが広角、超広角、望遠の3つモードが使えるようになり、より一層カメラの表現幅が広がりました。

iPhone 11はダブルレンズですが、望遠を除いた広角、超広角モードを使うことができます。今年のカメラの目玉機能は超広角モードなので、両端末でそれを使えることで優劣をつけるのが難しいと感じました。

iPhone 11 ProとiPhone 11の大きさ/重さを比較

iPhone 11 ProとiPhone 11のサイズ、重さをまとめました。

iPhone 11 ProiPhone 11
高さ144.0mm150.9mm
71.4mm75.7mm
厚さ8.1mm8.3mm
重量188g194g

ディスプレイサイズが6.1インチと大きい分、当然ながらiPhone 11のほうがサイズは大きく、重量も重くなっています。iPhone 11はXRから技術の進歩がされている端末ですが、実は全く大きさと重さは変わっていません。

iPhone 11 Proは5.8インチのディスプレイながら、ベゼル幅はiPhone 11より小さくなっています。より小さく画面の大きい端末が欲しいのであれば、iPhone 11 Proが向いていると言えるでしょう。

iPhone 11 ProとiPhone 11のカメラ性能を比較

両端末のフロントカメラは全く同じ技術が使われているので差はありませんが、バックカメラはレンズの数がそもそも違うので微妙な違いがあります。

それでも2019年のiPhoneに追加された「ナイトモード」「自動調整」の機能はiPhone 11 Pro、iPhone 11の両端末に備わっています。バックカメラで大きく異なってくるのは、3つの目のレンズが果たす「望遠」機能。

iPhone 11 Proでは望遠レンズによって最大10倍のデジタルズームが可能になっていますが、iPhone 11ではデジタルズームが最大5倍です。およそ2倍のズーム性能差があります。また、iPhone 11 Proには2倍の光学ズームイン機能も備わっています。

これらは望遠レンズがあるからこその機能なので、iPhone 11では流石にカメラ性能が劣ってしまいます。とは言え、それ以外に違いはないので、iPhone 11のカメラ機能で十分と感じるユーザーも多いのではないでしょうか。

iPhone 11 ProとiPhone 11のCPUベンチマークスコアを比較

両端末ともA13 Bionicが搭載されていることから、CPUベンチマークスコアに差はほとんどないでしょう。端末のベンチマークスコアには多少差が生まれると思いますが、詳細は両端末が発売されて手元に届いたら再度検証したいと思います。

iPhone 11 ProとiPhone 11を販売価格で比較

iPhone 11 ProとiPhone 11の販売価格をストレージ容量別にまとめました。

iPhone 11 ProiPhone 11
64GB106,800円74,800円
128GB79,800円
256GB122,800円90,800円
512GB144,800円

iPhone 11 Proの場合、128GBが存在しないので丁度いいと感じるストレージ容量がないのが個人的に残念ポイント。多くの人は256GBの端末を選ぶかと思います。

一方のiPhone 11は、64GBの他に128GBも用意されています。しかも容量が2倍になっているにもかからわず価格差は5,000円。もし、iPhone 11を買うのでしたら128GBが最もコスパの良いストレージ容量ではないかと思います。

iPhone 11 Proを購入すべき人

ここまでの比較結果から、iPhone 11 Proを購入すべき人は次の項目に当てはまる人です。

  • トリプルレンズカメラの魅力に惹かれた
  • 最新テックをふんだんに詰め込んだデバイスが欲しい
  • ディスプレイはよりキレイな方が良い

コスパの面でいうと、正直iPhone 11 Proのほうが悪いです。しかし、2019年時点でのApple最新テックをすべて詰め込んだ端末はiPhone 11 Proです。今まで存在しなかったトリプルレンズカメラを試したり、Super Retina XDRディスプレイを体験したい方におすすめの端末。

iPhone 11を購入すべき人

一方、iPhone 11を購入すべき人は次の項目に当てはまる人です。

  • なるべくコスパが良い最新端末がほしい
  • カメラに魅力を感じない
  • 5gに対応した来年のiPhoneに期待したい

2020年のiPhoneは5Gに対応したデバイスになると期待されています。そのため、今高いお金を払ってiPhone 11 Proにするよりも、価格を抑えたiPhone 11にした方がお得かもしれません。

当然2020年の5G対応デバイスになればトリプルレンズカメラも標準になりますし、今急いで使いたいという人以外はiPhone 11で十分でしょう。iPhone 11はA13 Bionicも積まれているので、処理性能も高い端末です。

iPhone 11 ProとiPhone 11の比較まとめ

以上、iPhone 11 ProとiPhone 11の比較でした。

どっちを購入するか悩みますが、もし来年の5Gデバイスに期待したいのであれば今急いでiPhone 11 Proにする必要はないと思います。iPhone 11でも長く使えるのは間違いないので、価格や自分のスマホ用とを見極め、どっちを購入するかを決めましょう。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!