iPhone 11とXRの比較・違い/どっちを購入すべきかの参考に

2019年に発売されたiPhone 11は、2018年発売のiPhone XRの後継機とも呼ばれているため、どっちを購入すべきか悩んでいるユーザーも多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、iPhone 11とiPhone XRを様々な視点から徹底比較。どちちを購入するかの参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

iPhone 11とiPhone XRの比較ポイント

iPhone 11と iPhone XRは、カメラ部分を除けばほとんど形状が一緒であるため、外観に関しては大きな違いを感じにくくどっちを購入するか悩んでいる人もいると思います。そこで、両端末を次のポイントで比較していきたいと思います。

  1. 基本的なスペック
  2. 大きさと重さ
  3. カメラ性能
  4. CPUのベンチマークスコア
  5. 販売価格

外面はそこまで大きな変化がなくノッチ部分も健在なので、見るべきポイントはiPhone 11で内部がどれだけ進化したかどうか。それをチェックした上で、自分がどっちを購入するかの検討材料としてもらえたら幸いです。

iPhone 11とiPhone XRのスペック比較

iPhone 11iPhone XR
ディスプレイ6.1インチ
Liquid Retina HDディスプレイ
生体認証Face ID
Apple Pay
CPUA13 Bionic
第3世代 Neural Engine搭載
A12 Bionic
第2世代 Neural Engine搭載
ストレージ64GB/128GB/256GB64GB/128GB
バックカメラデュアルレンズ 12MP
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
シングルレンズ 12MP
広角:f/1.8
フロントカメラ12MP7MP
ビデオ撮影4Kビデオ撮影
オーディオズーム/QuickTakeビデオ
4Kビデオ撮影
防水/防塵IP68IP67
SIMサイズデュアルSIM(nano/eSIM)
カラーパープル/イエロー/グリーン/ブラック
ホワイト/レッド
ブルー/ホワイト/ブラック/イエロー
コーラル/レッド
バッテリーiPhone XRより1時間長い駆動
イヤホンジャック×
コネクタLightning

共通点も多々ありますが、iPhone 11と iPhone XRで微妙に異なる部分も存在します。異なる箇所に着目して、どのような違いがあるのかを細かく説明していきます。

チップの進化

2018年のiPhoneは、A12 Bionicが搭載されていました。当時はもちろん様々なCPUの中でもトップクラスの性能を誇っていましたが、2019年のiPhone 11でそのチップが更に進化してA13 Bionicになって登場。

2019年9月11日(日本時間)に行われたAppleの発表会では、A12 Bionicと比較してその進化具合を披露。

最も処理性能が速いCPUとして紹介され、2019年に発売されたハイエンド端末に搭載されているSnapdragon 855よりも大きく優れていること、もちろん前世代のA12 Bionicよりも良い性能であることを発表しました。

CPUだけでなく、GPUもA12 Bionicより性能が上がっています。

GPUとは、画像や動画の描写に大きく関わるチップです。

取り扱うストレージ容量が増えた

iPhone XRでは、64GBと128GBの2つだけでした。動画を大量に保存したり、ムービー撮影を行う人にとっては128GBでも多少少ないと感じるかもしれません。

しかし、iPhone 11ではその問題をカバーしたのかハッキリしていませんが、256GBが新たに追加されています。これにより、大量の動画やデータを端末内に保存することが可能になりました。

バックカメラがデュアルレンズに

iPhone 11では、背面部分のカメラレンズが2つになりました。iPhone XRはシングルレンズだったので広角までしか撮影範囲がありませんが、iPhone 11でデュアルレンズになったことにより、超広角モードで視野角の広い撮影が可能になっています。

その他、iPhone 11ではナイトモードや自動調整などの機能も搭載。詳しくは、カメラ性能の比較で紹介します。

ビデオ撮影に新たな機能が追加

iPhone 11ではiPhone XRには搭載されていなかった、オーディオズームとQuickTakeビデオが追加されました。

QuickTakeビデオは、カメラモードのときにボタンを長押しすることでビデオ撮影が始まるモードです。長押しを離すとビデオ撮影も自動的にストップするので、とっさにビデオ撮影がしたくなったときに非常に便利な機能だと感じました。

防水/防塵性能がこっそりアップ

Appleの発表会ではほぼ触れられませんでしたが、iPhone 11はIP68となって防水・防塵性能がこっそり上がりました。iPhone XRはIP67で、それぞれの防水・防塵性能は次のとおりです。

  • IP68:最大水深2mで最大30分間耐えられる
  • IP67:最大水深1mで最大30分間耐えられる

水の深さが深ければ深いほど水圧がかかり、そのぶん耐えられる時間も短くなります。IP68では2mの水深で最大30分間耐えられることから、仮にプールにiPhoneを落としたとしても30分以内なら故障無しで回収できるでしょう。

iPhone 11とiPhone XRの大きさ/重さを比較

iPhone 11とiPhone XRの大きさや重さは次のとおりです。

iPhone 11iPhone XR
高さ150.9mm
75.7mm
厚さ8.3mm
重量194g

実は、サイズも大きさも全く一緒の端末となっています。ディスプレイサイズが6.1インチと変わらなかったのでもしかしたらと思いましたが、スペックが上がっているのに重さも全く一緒なのは驚きです。

iPhone 11とiPhone XRのカメラ性能を比較

iPhone XRのバックカメラはシングルレンズ、iPhone 11ではデュアルレンズとなっており、外観で最も違うと言えるのがカメラ部分でしょう。

バックカメラの違い

大きく異なるのは、iPhone 11ではf値2.4の超広角で撮影が出来ることです。広角モードと超広角モードでは、下記のように撮影できる範囲が全く違います。

より印象的な写真が撮れる様になっています。

さらにナイトモードが追加されたことで、iPhoneが苦手だった暗い場所での撮影も明るくハッキリと撮ることが出来るようになっています。

その他、自動調整といったiPhone XRでは搭載されなかった機能がiPhone 11に追加されています。

フロントカメラの違い

フロントカメラに大きな違いはありません。iPhone XRの7MP(700万画素)から、iPhone 11の12MP(1200万画素)になっただけです。その代わり、高解像度になったことでトリミングをした時の画像の滑らかさはiPhone 11の方が上になっています。

また、12MPとなったことで4Kビデオ撮影にも対応しました。4Kの画素数は829万画素とされていて、iPhone XRではそれに届かず1080pのHDビデオ撮影までしか出来ませんでした。とは言え、フロントカメラで4Kビデオ撮影するかと言われると微妙です。

iPhone 11とiPhone XRのCPUベンチマークスコアを比較

スペック比較でも触れたとおり、チップセットがA13 Bionicに進化したことから当然ながらベンチマークスコアもアップしています。

とは言え、実際の数値を見ないとその差はハッキリとわかりません。

執筆時点ではiPhone 11がまだ発売されていないので、入手次第ベンチマークを測定してiPhone XRと比較したいと思います。

ちなみに参考程度になりますが、筆者のiPhone XRのCPUベンチマークスコアは「」となっています。A12 Bionicは2018年のチップセットですが、2019、2020年もまだまだトップ10に入るくらいの高い性能を持っています。

くらげ
iPhone XSと比べても性能差がほぼないのがXRの良いところ。価格が安いだけにコスパは非常に良いです。

iPhone 11とiPhone XRを販売価格で比較

iPhone XRとiPhone 11は、ストレージ容量で販売価格が違います。

ストレージiPhone 11iPhone XR
64GB74,800円64,800円
128GB79,800円69,800円
256GB90,800円

iPhone 11の方が約1万円高くなっています。iPhone XRは11が発表された時に値下げされたので、このくらいの安さになっています。

両方の端末で言えることですが、コスパが良いのは128GBです。64GBの2倍のストレージですが、価格差は5,000円。非常に大きな差とは言えないので、どっちの端末を購入するとしても128GB以上を選ぶのが良いでしょう。

iPhone 11を購入すべき人

iPhone 11は、次の項目に当てはまる人でしたら購入を検討しても良いと思います。

  • iPhone 8以前の端末からの乗り換え
  • 最新テックが詰まったiPhone 11に魅力を感じる人
  • 好きなカラーと出会えた
  • 進化したカメラでビデオ撮影やキレイな自撮りを行いたい
  • 128GBのストレージ容量では物足りない

見た目はiPhone XRと変わらないのでデザイン面に関しては好みの問題かと思います。中身も共通点は多いものの、デュアルレンズのカメラで美しい写真を撮りたい、ビデオ撮影を楽しみたい人でしたらiPhone 11の方が向いているかと思います。

iPhone XRとの価格差は1万円なので、それに納得できるのでしたら最新テックが詰まったiPhone 11の購入をおすすめします。

iPhone XRを購入すべき人

iPhone XRは、次の項目に当てはまる人でしたら購入を考えても良いと思います。

  • なるべく安い価格でiPhoneを購入したい
  • Touch ID端末ではなくFace IDを使ってみたい
  • iPhone 11の新しいカメラ機能に魅力を感じない

iPhone XRのチップセットA12 Bionicは2019、2020年でもまだまだ現役で使えますし、3D描写が多いゲームもゴリゴリ動きます。そのため、カメラ性能を気にしないのでしたらiPhone 11より安いiPhone XRがおすすめです。

iPhone 11とiPhone XRの比較まとめ

ここまで、iPhone 11とiPhone XRを比較してどっちを買うべきかの検討材料をまとめてきました。

デザイン面は全く同じなので、あとは中身の性能差を考慮した上で自分が本当に必要なデバイスを選ぶのが良いでしょう。どっちを購入したとしても、後悔することは少ない両デバイスだと感じました。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!