【iPhone/iPad】WEBページ全体をスクリーンショットする2つの方法

iPhoneやiPadでSafariを使ってネットサーフィンをしている時、ふとWEBページ全体をスクリーンショットで撮影し端末内に保存しておきたいと思ったことはないでしょうか。全画面をキャプチャするには、iPhone/iPadの通常のスクリーンショットでは出来ず、ちょっとしたコツがあります。

そこで本記事では、iPhone/iPadでWEBページ全体のスクリーンショットを撮影し、端末に保存する方法を徹底紹介。ご参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

iOS 13から「画面メモSS」アプリは必要なくなった

iOS 13以前までは、WEBページ全体をスクリーンショットするために「画面メモSS」というアプリが必要でした。主に縦に長いWEBページをキャプチャする時に用いられ、カメラロールに簡単に保存することが出来るアプリです。

もちろんサードパーティ製のアプリなのでインストール作業も必要ですし、あまり使う頻度がないアプリを端末に入れたくない人も多かったはずです。

しかしiOS 13からは、2つの方法を使って全画面のスクリーンショットが撮れるようになりました。今後は「画面メモSS」を使う必要はありません。この記事では、2つの方法を画像つきで紹介します。どちらも手間が掛からない方法なので、どっちを使うかはあなた次第。

「フルスクリーン」キャプチャ機能を使って全画面をスクショ

iOS 13から備わった新しいスクリーンショットの形「フルスクリーン」。この機能を使うことで、縦に長いWEBページも簡単に全画面のスクショを撮ることができます。

手順は次の通り。

  1. 通常通り「サイドボタン + 音量を上げるボタン」を押してスクショを撮る
  2. 左下にポップアップされる「スクリーンショットのプレビュー」をタップ
  3. タブから「フルスクリーン」を選ぶ
  4. 写真もしくはファイルにスクショを保存する

肝となるのは、スクリーンショット撮影時に表示される左下のプレビューサムネイルをタップすることです。iOS 12からプレビュー窓が表示されるようになり、その場で画像を編集することができるようになりました。

そしてiOS 13に新たに「フルスクリーン」が加わり、更に編集能力が上がっています。具体的なやり方を、画像を交えてご紹介します。

画像を使って手順を解説

全体のスクリーンショットを撮影したいWEBページにアクセスし、まずは「サイドボタン + 音量を上げるボタン」を使って通常通りスクショを撮ってください。なお、iPhone 8を含む物理ボタンタイプの端末は「ホームボタン + 音量を上げるボタン」でスクショを撮影できます。

スクショを撮影すると、左下にプレビュー窓が表示されるのでタップしてください。

すると、上部に2つのタブが表示されているのが確認できます。WEBページ全体のスクリーンショットを撮影したい場合は「フルページ」を選んでください。

フルページになると、右側に現在位置がわかるプレビューが表示されます。この状態で「完了」を押してスクリーンショットを保存すると、WEBページ全体をキャプチャすることができます。

保存場所は、カメラロール(写真)とファイルを選べます。

以上が、フルスクリーン機能を使ったWEBページ全体のスクリーンショットを撮影する方法でした。ちなみに保存ファイル形式は「PDF」となります。保存されたファイル名は、WEBページのタイトルです。

「マークアップ」機能を使ってWEBページ全体をスクショ

iOS 13から「マークアップ」機能が使えるようになりました。WEBページに下線や注釈を入れて保存する時に使える機能で、これを利用することでWEBページ全体のスクリーンショットを撮影できます。

  1. スクショを撮りたいページにアクセスし「共有メニュー」アイコンをタップ
  2. メニューから「マークアップ」を選択
  3. 左上の「完了」をタップし、保存場所を選んで完了

通常のスクリーンショットの手順が省けるので、片手操作で全画面をキャプチャできるのがこのやり方のメリットです。

画像を使って手順を解説

まずは、スクリーンショットを撮影したいページにSafariでアクセスします。その後、フッターメニューから「共有メニュー」をタップしてください。

共有メニューを少し下にスクロールすると「マークアップ」があるのでタップ。

すると編集画面になりますが、特にマークアップしたい箇所がない場合は左上の「完了」をタップ。保存場所をファイルアプリの中から選んで完了です。

マークアップを使ったWEBページ全体のスクリーンショット撮影のデメリットは、カメラロールに保存ができないことです。ただ、一度ファイルアプリに保存した後にカメラロールにスクリーンショットを移動されることもできるので、そこまで気になる部分ではありません。

スマホサイトは縦に長いので全画面のキャプチャをするためにサードパーティ製のアプリを使っていましたが、iOS 13から備わった2つの機能を使うことで手間も少なく簡単に撮影できるようになりました。

今まで画面メモSS等のキャプチャアプリを使っていた人は、iPhone/iPadに備わっている標準機能で、今後は画面全体のスクリーンショットをすることをおすすめします。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!