[iPhone/iPad]アプリの終了方法!一括タスクキルはできない

iPhoneやiPadは、アプリの終了方法がiOSもしくはiPad OSでやり方が異なります。また、端末によってはホームボタンが廃止されたタイプもあるため、今までと違う機種を使った際にアプリの終了方法に少し戸惑うかもしれません。

そこで本記事では、iPhoneやiPadのアプリ終了方法を徹底解説。ご参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

動画を見ながらやり方をチェック

文字を読むのが面倒な方は、上記動画を見ながらiPhone・iPadのアプリ終了を試してみてください。

【ホームボタンあり】iPhoneのアプリ終了方法

iPhone 8 / iOS12環境で実施しています。

1.ホームボタンをすばやく2回クリック。

2.バックグラウンドで開いているアプリ一覧が表示されるので、終了させたいアプリを上に向かってスワイプ。

以上の2ステップでアプリがタスクキルされます。

【ホームボタンなし】iPhoneのアプリ終了方法

iPhone XR / iOS12.2環境で実施しています。

1.画面の下から上に向かってスワイプ。

すばやくスワイプするのではなく、ゆっくりと指を少し動かしたら一時停止させる勢いで実践すると、裏で動いているアプリ一覧画面が表示されやすいです。

2.終了させたいアプリに対し、上に向かってスワイプ。

これで、アプリが終了となります。

【ホームボタンあり】iPadのアプリ終了方法

iPad 9.7インチ (2018) / iOS12.2環境で実施しています。

1.ホームボタンをダブルクリック。

2.バックグラウンドで表示されているアプリが一覧となって表示されるので、終了させたいアプリを上にスワイプして完了。

【ホームボタンなし】iPadのアプリ終了方法

iPad Pro 2018 / iOS13環境で実施しています。

1.画面の下から上に向かってスワイプ。

この時、すばやくスワイプするのではなく、ゆっくりと端末がブルッと震えるくらいの速度で上にスワイプしないとバックグラウンドで開いているアプリ一覧が表示されません。

2.終了させたいアプリを上にスワイプすると、タスクキル完了です。

iPhone/iPadのアプリ終了に関するよくある質問

アプリを一括で終了させる方法について

アプリを一括でタスクキルする方法は用意されていません。
バックグラウンドでアプリを大量に開いているとメモリも大量に消費されるので、できればこまめに使っていないアプリを終了させることをおすすめします。Androidではアプリの一括終了ができるので、今後のiOS、iPadOSのアップデートで一括タスクキルができるようになるかもしれません。
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク