iPhoneの待ち受け画面の壁紙を設定・変更する方法【iOS 13以降】

iPhoneでは、ロック画面やホーム画面の壁紙を変更することが可能です。待ち受け画面の壁紙は、設定アプリからだけでなく、カメラロールから直接変更することもできます。

本記事では、iPhoneの待ち受け画面の壁紙を設定・変更する方法を徹底解説。iOS 13以降の端末でのやり方になるので、多少UIが異なるかもしれませんが基本的な手順はほぼ一緒です。

スポンサードリンク

設定アプリから待ち受け画面の壁紙を変更する方法

ホーム画面から「設定アプリ」を開きます。

少し下にスクロールし「壁紙」の項目を開いてください。

次に、「壁紙を選択」をタップ。

iPhoneに予め用意されている、「ダイナミック」「静止画」「Live」、もしくは自信で用意した壁紙をカメラロールから選択します。

今回は、「Live」の壁紙を設定します。

壁紙を選択したら、「設定」をタップしてください。そうすると、どこに壁紙を設定するのか選ぶことができます。

待受設定の候補は、「ロック画面」か「ホーム画面」もしくは両方となります。待ち受け画面に別々の壁紙を使いたい人は、ロック画面かホーム画面のいずれかに設定をしましょう。

今回はロック画面のみに設定しました。

しっかりと壁紙が反映されていることが確認できたら変更完了です。

カメラロールから待ち受け画面の壁紙を変更する方法

ホーム画面から「写真アプリ」を開きます。

アルバム等から壁紙に設定したい写真を選択し、左下のメニューをタップしてください。

メニューの中に「壁紙に設定」があるのでタップ。

壁紙の位置や大きさを微調整したら「設定」を選択してください。

ロック画面、ホーム画面、もしくは両方に設定の中から好きなものを選んでください。

今回はホーム画面に設定しました。

ホーム画面にて待ち受け画像が変わっていたら壁紙の設定完了です。

「Live」「ダイナミック」はどんな壁紙?

iPhoneの待ち受け設定では、ダイナミック、静止画、Liveの3つがデフォルトの壁紙として用意されています。静止画はなんとなくわかると思いますが、他の2つに関しては普通の壁紙と何が違うのかが文字を見ただけではわかりにくいです。

それぞれの違いを簡単に表すと次の通り。

Liveはロック画面で手動で動く壁紙

Liveは動くには動きますが、ホーム画面では動かずにロック画面にて動く壁紙です。また、自動ではなく画面をグッと押し込むことで画像が動くようになっています。

Liveには、デフォルトの壁紙だけでなくiPhoneのカメラ「Live Photos」で撮影した画像も設定できます。Live Photosは微妙に動く画像になっているので適用が可能となっています。

ダイナミックは自動で動く壁紙

ダイナミックはLiveと違い、自動で壁紙が動くようになっています。GIF画像が小さくて少しわかりにくいですが、ダイナミックに設定した壁紙が少し動いているのがわかると思います。

iOS 13から壁紙がダークモードに対応

iOS 13からiPhoneにダークモードが搭載されました。これにより、壁紙もダークモード仕様を適用できるように。壁紙にダークモードを適用する前、後で明るさがだいぶ変わります。

「設定」→「壁紙」と開いて、「ダークモードで壁紙を暗くする」をオンにすると適用可能です。

なお、外観モードでダークモードに設定していないと壁紙に適用されないので注意してください。ダークモードの設定方法は下記記事で紹介していますのでご参考に。

iPhoneの待ち受け設定に関するよくある質問

Q1. ホーム画面の壁紙を1ページずつ変えたい

iPhoneでは、スクリーン毎に壁紙を変える機能はありません。
iPhoneの待ち受け画面、ロック画面とホーム画面の2つしか設定することができず、ホーム画面を横スクロールするたびに壁紙を切り替える仕組みを持っていません。脱獄、もしくはAndroidであれば可能です。

Q2. スライドショーのように壁紙を次々と切り替えたい

iPhoneでは、壁紙のスライドショー機能はありません。
Windowsパソコンなどでは馴染みのある、壁紙のスライドショー。一定時間ごとに自動的に壁紙が変更されるので、ちょっとした気分転換、時間によって背景を変えて目の疲れを軽減されるといった使い方ができます。
しかし、iPhoneには残念ながらスライドショー機能は搭載されていません。

Q3. 初期設定されていた壁紙に戻したい

壁紙設定の「静止画」から初期画像を選択すると戻せます。
設定アプリを開き、「壁紙」→「壁紙を選択」→「静止画」の順番に開いていきます。静止画の中には、初期設定されていた壁紙が入っているので、それを設定してあげると元に戻せます。
なお、それ以外の場合だと設定の初期化をしなければ戻すことはできません。
スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!