【Koobee v6】ゲーミングヘッドセットの実機レビューと評価

Amazonにてヘッドホンタイプ以外のゲーミングヘッドセットを探していた所、いくつか高評価の製品が見つかりました。その中でも一際良さそうに感じた「Koobee v6」のゲーミングヘッドセット。

本記事では、Koobee v6のゲーミングヘッドセットの実機レビューと個人的な評価を紹介。マイク付き、耳にかけるタイプのヘッドセットを探している方の参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

【Koobee V6】個人的な評価

今回は、4つの項目をちぇっくした上で評価を決めました。
総合評価 3.5
  • 音質: 3.5
  • 装着感: 2.5
  • マイク感度: 3.5
  • マイク音質: 3.5

見た目は間違いなくかっこいいイヤホンタイプのヘッドセットです。しかし、音質とマイク感度やマイク音質に関しては至って普通。決して非常に優れているとは言えませんでした。

最も評価が低かったのは、「装着感」

私の耳には全くフィットせず、付属品として入っていたイヤーピースを付け替えても、奥までスッポリハマる事はありませんでした。Amazonのレビューにも私と同じように耳にフィットしない方が多かったので、人を選ぶゲーミングヘッドセットだと感じました。

また、他のゲーミングヘッドセットと違い、少し機能面でも不満があります。その辺りは、実機レビューの方で詳しく紹介していきたいと思います。

Amazonで商品を見る

【Koobee V6】実機レビュー

ここからは、実際にKoobee V6の実機レビューを行っています。次の項目を中心にレビューをしています。

  1. パッケージと同梱物はAmazonの商品説明に相違ないか
  2. ヘッドセットの装着感
  3. イヤホン部分の音質チェック
  4. マイク感度やマイク音質のチェック
くらげ
以上4項目をレビュー。気になる所だけでもチェックしてもらえれば幸いです。

パッケージと中身のチェック

Koobee V6には、何個かカラーが用意されていたので、今回はブルーを選択して購入しました。しかし、届いてみていきなり問題発生。なぜかパッケージのゲーミングイヤホンが「赤色」となっていました。

青色を購入したはずだが…

これは間違いだろうし返品かなーと思っていましたが、パッケージを開けてみると中身はブルーカラーとなっていました。

中身はしっかりブルーカラーだが…

ちなみにAmazonでは、パッケージの色はブルーカラーとなっているのですが、他の人のレビューを見た感じ全て赤色の箱となっていました。経費削減だとは思いますが、この辺に中華製品っぽい適当さが既に見えてしまっています。

気を取り直して同封物のチェック。Amazonでは、ゲーミングヘッドセット本体、デスクトップPC用変換ケーブル、マイク、ヘッドフォンキャップの4つがパッケージ内容として書かれていました。

パッケージには、Amazonの表記通りのアイテムが揃っていました。

くらげ
最初のパッケージカラーで戸惑いましたが、中身に関してはAmazonで紹介されている内容と同等だったので、とりあえず一安心。

ヘッドセットの装着感を辛口レビュー

Koobee V6は、フックタイプのカナル型イヤホンです。

フック部分は柔らかい素材

カナル型イヤホンは、ゴム製の耳栓のようなイヤーピースを耳にスッポリとハメられるため、遮音性や音漏れ防止に優れています。また、あまり耳の形状を選ばないので個人的に好きな形状。

万が一耳穴のサイズより少し小さくとも、付属のイヤーピースを大きいものに付け替えるとフィット感が良くなります。その逆で、少し大きいと感じたら小さいものに変えることも。

そして肝心の装着感ですが、私の耳には全くフィットしませんでした

色々と理由を考えてみたのですが、どうもフックがついているプラスチック部分が顔にぶつかってしまうのが悪いと気づきました。これが、耳の奥までスッポリとイヤホンを差し込めない原因となっています。

逆にフック部分がなければ、フィット感が良くなったかも知れません。なぜなら、Koobee V6と似たような製品を同時購入し、そちらはフック部分がないタイプで、なおかつフィット感が良かったからです。

くらげ
たまたま私の耳にフィットしなかっただけかもしれませんが、Amazonのレビューで同じことを書いている人もいます。この辺は実際使ってみないとわからない部分です。

耳にフィットする人であれば音質は合格点だと思う

正直な所、音質チェックをした上でレビューをしても意味がないのかなと思っています。その理由は、「耳にフィットしていないから」です。

耳にフィットしていないとどういった事が起こるかと言うと、まず第一に耳とイヤーピース部分に隙間が出てしまうので、カナル型イヤホンのメリットである音漏れ、遮音性が一切なくなります。つまり、音漏れ状態でスカスカの音が聞こえてしまうのです。

このスカスカ状態で音を聞いたとしても、個人的には「音質最悪」としか言いようがありません。実際に聞いてみましたが、ハッキリ言ってゴミのような音しか聞こえてきません。

一応カタログスペックだと、デュアルスピーカーで音のヌケ感や重低音がクッキリ聞こえるとはあるので、耳にフィットする人であれば迫力、臨場感のあるサウンドを楽しむことが出来るのではないでしょうか。

マイク感度とマイク音質は普通レベル

マイクは、ヘッドホンの左側に装着します。

ちなみにこのマイクはグニャグニャと折り曲げることが可能です。もしデフォルト状態で顔にマイクが当たっても、外側にグッと広げてあげれば顔から離れます。この点に関しては高評価でした。

肝心のマイク感度や音質をDiscordでチェックしてみた所、しっかり自分の声を拾えてましたし、変なノイズが走ることはありませんでした。

ただ、イヤホンが耳にフィットしなかった影響か、通話相手に音がダブって聞こえると言われました。つまり、イヤホン部分から音が漏れているため、それをマイクが拾ってしまい反響を起こしていることになります。

反響してしまうと相手に不快な思いをさせてしまうので、ちょっとこれはどうしようかなと考えさせられました。マイク感度や音質は悪くないだけに、耳にフィットしなかったことが本当に残念に思えます。

くらげ
以上が、「Koobee V6」の実機レビューとなります。個人的には、購入は失敗だったなと感じました。やはり耳にフィットしない形状なのが非常に大きなマイナスポイントになっています。

Koobeeはどんな会社か少し調べてみました

KoobeeはAmazonでゲーミングヘッドセットを中心にマーケット展開しています。その他に香辛料の販売もしていましたが、一体どこで何を事業として行っている会社なのか気になったので、軽く調べてみました。

とは言え、Koobeeはただの販売会社ですので、パッケージに書かれてある「Dongguan Zeming Electronics Co.Ltd.」が本当の製造元になります。ご丁寧に住所まで書かれており、どうやら中国の「東莞市(とうかんし)」にある会社のようでした。

ただ、いくらGoogleで検索してもこの製造元は出てこなかったので詳細は不明です。数あるベンチャー企業の一つではあると思いますが、製造元が不明だと使うのも少し怖いなあというのが本音です。

まとめ

Koobeeのゲーミングヘッドセット「V6」ですが、人を選ぶイヤホンだと思います。個人的には耳にフィットしないのでオススメできない商品ですが、Amazonのレビュー(おそらくサクラが7割)では快適に使えているという人も。

購入に関しては、レビューを見た上で自己判断でお願いします。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク