Macbookの最も簡単な初期化(クリーンインストール)方法

mac

「Macbookを誰かに売却したいから工場出荷状態に戻したい」、「重くなってきたからクリーンインストールをして動作を軽くしたい」と考えて、Macbookを初期化しようと思っている方も多いでしょう。初期化と言えば少し難しいイメージがありますが、手順さえわかれば誰でも簡単にできます。

そこで本記事では、Macbookの最も簡単な初期化方法を徹底解説。Macを売却したい、動作を軽くして快適に使いたい方の参考になれば幸いです。なお、この記事ではMacbook Air 2011、macOS Sierra環境を例に初期化方法を解説しています。基本的にどのMacbookでもやり方は変わりません。

Macbook初期化前の注意点!バックアップを忘れずに

Macbookをどういった目的で初期化するかでどこまでバックアップをとるか変わってきますが、基本的に全データを復旧させたい場合は、「Time Machine」を使うと良いです。新しいMacbookにデータやアプリを全て移行させたい時はTime Machineでバックアップをとりましょう。

逆に今使っているMacbookを売却したい場合、アカウント情報やMacbook内のデータをそのまま残しておくのはセキュリティ的にもよろしくありません。Macbookを工場出荷状態に戻すため、以下を行っておきましょう。

  • データのバックアップ
  • iTunesからサインアウト
  • iCloudからサインアウト
  • iMessageからサインアウト
  • ペアリングしたBluetoothデバイスの解除
  • Macを探すをオフ

基本的にApple IDが絡むアプリやシステムは、全てログアウトすることを推奨。また、データのバックアップにTime Machineを使わない方は、DropboxやiCloudにデータを移行させることをおすすめします。

「初期化」と「クリーンインストール」は言葉こそ違いますが、意味は同じです。

Macbookの初期化方法

Macbookを初期化するにあたって、必ず次の環境を用意してください。

  • インターネット(Wi-Fi)環境
  • Macを電源につなぐ

Macbookを電源に接続していない場合、macOS再インストール時に「コンピュータが電源に接続されていません。」と表示されます。macOSのインストール時間がそこそこ長いための対策かと思います。必ず電源アダプタをコンセントにつなぎましょう。

実際の初期化手順は次のとおりです。

  1. Macbookを再起動
  2. リンゴマークが表示されるまで、「command + R」を押し続ける
  3. ディスクユーティリティを選択
  4. フォーマットを選択
  5. ストレージの消去実行
  6. ディスクユーティリティを終了する
  7. macOSの再インストールを実行
  8. macOSの初期セットアップ実行

1.Macbookの再起動後、リンゴマークが表示されるまで「command + R」を押し続ける。

2.ディスクユーティリティを選択。

3.消去したいHDD(SSD)を選択し、「消去」を選択。

4.フォーマットを選択。ここではMac OS Extended(Journaled)を選ぶ。

ストレージがSSDの場合、フォーマット形式にAPFS(Apple File System)を選択しましょう。

5.「消去」をクリック。

6.ストレージ消去が完了したら、「ディスクユーティリティを終了」をクリック。

7.「macOSを再インストール」を選択。

8.ストレージにmacOSの再インストールが開始される。

Macbookを売却したい場合、OSの再インストールが終わった段階で「command + Q」を入力。初期セットアップ前にシャットダウンでき、あとはこの状態で買取や譲渡できます。

9.再インストール完了後、macOSの初期セットアップ。

10.初期化完了。ストレージがキレイになっていることが確認できた。

Macbook初期化にかかった時間は約20分程度。ストレージがほぼ使われていなかったので、比較的クリーンインストールにかかる時間が短かったです。

まとめ

ここまで、Macbookの最も簡単な初期化方法をご紹介してきました。

  • 初期化前に必ずバックアップを取る
  • 売却したい場合は、OS再インストール後に「command + Q」でシャットダウン
  • 初期化は時間がかかるので根気よく待つ
最新情報をチェックしよう!