【Mac】タスクマネージャー的なアプリの開き方/ショートカットコマンドなど

mac

Macでネットサーフィンしていたら、Safariが急にフリーズしてしまったという経験はないでしょうか。Windowsだとタスクマネージャーを使えば簡単に強制終了が可能ですが、Macでは同じ名前のアプリがありません。

ですが、Macにもタスクマネージャー的なアプリはあるのでご安心ください。本記事では、タスクマネージャーの代わりとなるアプリの開き方や、ショートカットコマンドについてご紹介します。

スポンサードリンク

Macでのタスクマネージャーは「アクティビティモニタ」に該当する

Windowsでは起動しているソフトのプロセスや強制終了をチェックするために「タスクマネージャー」が用意されており、「Ctrl + Alt + Delete」のコマンドで起動することができます。

一方Macでは「タスクマネージャー」がLaunchpadやDock内を見ても存在しないため、WindowsからMacに乗り換えた人は困惑するかもしれません。

ですが、Macにもタスクマネージャー的なアプリが存在します。それが「アクティビティモニタ」です。

アクティビティモニタとは?

アクティビティモニタでは、タスクマネージャー同様にアプリのCPU占有率、メモリ消費状況、バッテリーが消費されているアプリ、ネットワーク状況などを見ることができます。

アクティビティモニタ3つのの開き方

アクティビティモニタを開くためのショートカットコマンドは用意されていないので、アプリを見つけて開くしかありません。とは言え、開き方は恐ろしく簡単です。

次の3つからアクティビティモニタを開くことができます。

  1. Launchpadから開く
  2. ユーティリティフォルダから開く
  3. スポットライト検索を使って開く

それぞれの手順を画像を交えて具体的に紹介します。

Launchpadから開く方法

DockからLaunchpadを開きます。

「その他」→「アクティビティモニタ」を選択。

以上のステップでアクティビティモニタを開けます。

ユーティリティフォルダから開く

Finderを開き、「⌘(command) + Shift + U」のショートカットコマンドを入力。

ユーティリティフォルダの中に「アクティビティモニタ」があるので、アイコンをクリックして開いて下さい。

スポットライト検索を使って開く

Macのスポットライト検索を使うことで、アクティビティモニタを呼び出すことが可能です。

「⌘(command) + スペース」のショートカットコマンドを使うと、下記のようにスポットライト検索が表示されます。

あとは入力画面に「アクティビティモニタ」と入力すると、候補先にアプリが出てきます。

別の方法でアプリを強制終了させることも可能

Windowsであればタスクマネージャーを開く理由の多くは、ソフトがフリーズしたから強制終了させたいから使っていたユーザーも多いのではないでしょうか。もしMacでも同様にフリーズしたからアプリを強制終了させたい場合、わざわざアクティビティモニタを開く必要はありません。

ショートカットコマンドを使ってアプリケーションの強制終了画面を表示させれば、最速でアプリを終了させることができます。ショートカットコマンドは以下の通り。

⌘(command) + option + Esc
上記ショートカットコマンドを使うと、下記画面が表示されます。
使い方も簡単。終了させたいアプリを選択状態にして強制終了ボタンを押すだけです。アプリがフリーズしたり、裏で起動中のアプリを強制終了させたい場合は、アクティビティモニタよりもこっちの方が楽でオススメです。
スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!