MacとAmazon Echo(アレクサ)を接続してスピーカー利用する方法

mac

Amazon Echoはスピーカーとしてもそこそこ優秀で、Macのオンボード上よりは音質がかなり上です。そのため、Amazon Echoを利用しているユーザーの中には、これをMacのスピーカー代わりにに使っている人もいます。

そこで本記事では、MacとAmazon Echo(アレクサ)をBluetooth接続してスピーカーとして使う方法について解説。これからスピーカー代わりに使おうと考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

設定方法

設定方法をざっくりと最初に説明。まずiPhoneにAmazon Alexaアプリをインストールしなければなりません。インストール後に初期設定を済ませてからがMacとAmazon Echo接続のスタートラインとなります。

ここからは初期設定を済ませていることを前提にお話しします。

1.Amazon Alexaアプリを開き、左上のハンバーガーメニューをタップ。そしてメニューから「設定」をタップ。

2.「デバイスの設定」をタップすると、Amazonアカウントに紐づいている接続デバイスが表示されます。この中から「●●さんのEcho」をタップしてください。

この時、「●●さんのEcho」が表示されない場合は、デバイスがアカウントと紐づいていません。その時は右上に「+」ボタンを押してAmazon Echoを新規追加しましょう。

3.「Bluetoothデバイス」をタップすると、現在Echoとペアリングされているデバイスが一覧として表示されます。今回はMacを新規追加したいので、「新しいデバイスをペアリング」をタップしてください。

ここまで出来たら、次はMac側からの操作となります。

4.左上のアップルアイコン(メニュー)をクリックし、「システム環境設定」を続けてクリック。

5.システム環境設定から「Bluetooth」をクリック。

6.少し時間を置くと、「Echo-67L」と表示されるので、「接続」をクリックしてください。

これでAmazon EchoとMacのペアリングが出来ました。Echo側でMacの内部音や音楽が出力されるようになります。

もし以前変わらずMac側から音が出る場合は、右上メニューバーのスピーカーアイコンをクリックしてみてください。すると、どのデバイスを使って音を出すか選べるので、「Echo-67L」を選びましょう。

接続状態を確認するには

基本スピーカーからmacの音が出ていれば確認する必要はありませんが、念の為本当に接続できているかをチェックする方法について紹介します。

Amazon Alexaアプリのペアリングデバイス画面に移動すると、現在Bluetooth接続しているデバイスの横にBluetoothアイコンが表示されます。

上記は、Mac miniと接続している状態となります。

まとめ

以上、MacとAmazon Echoを接続してスピーカーとして使う方法の紹介でした。

スピーカーとして使っている時でも、アレクサの音声認識はしっかりと反応します。スマートスピーカーとしての昨日がなくなるわけではないので、安心して使ってください。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!