Mac ゴミ箱に入れたファイルを元に戻す復元方法

mac

本記事では、Macで一度ゴミ箱に入れたファイルを元の場所に戻す方法について解説しています。

ゴミ箱アイコンを右クリックでメニュー表示させた際、「元に戻す」といった復元コマンドがありません。ですので、別のやり方でファイルを元に戻す必要があります。

スポンサードリンク

Mac:ゴミ箱内のファイルをマウス操作で元に戻す方法

まずは、マウスやトラックパッドを使ってゴミ箱内のファイルを元の場所に復元する方法について紹介します。

「ゴミ箱」を左クリックして開きます。

ゴミ箱内のファイル一覧が表示されるので、戻したいファイルを選択した後右クリック。すると「戻す」コマンドがあるのでクリックしてください。

すると、消した時の場所(元のフォルダ)にファイルが戻ります。この復元方法が、最もベターで簡単なやり方だと思いますので、ぜひ試してみてください。

Mac:ショートカットキーを使ってゴミ箱内のファイルを復元する方法

マウス操作の他に、ショートカットキーを使ってゴミ箱のファイルを復元することも可能です。マウス操作があまり好きではないユーザーは、こちらの方法もお試しください。

「ゴミ箱」を左クリックして開きます。

元のフォルダに戻したいファイルを選択状態にして、「command」+「delete」キーを同時押しします。

すると、元のフォルダにファイルが復元されます。

Mac:ゴミ箱内の複数ファイルを一気に元に戻す方法

ここまでの解説では、単一ファイルを元のフォルダに戻す方法を紹介してきましたが、かなり多くのファイルを消してしまい、一気に戻したい方もいらっしゃるかもしれません。

やり方は非常に簡単です。

ゴミ箱内のファイルを複数選択した状態で、ここまで紹介したマウス操作での復元、もしくはショートカットキーでの復元方法を試してください。

こうすることで、一気にファイルが元のフォルダに戻ります。

Mac:ゴミ箱内のファイルが復元できない原因

基本的にゴミ箱内のファイルは元の戻すことができますが、次のような場合は復元できない可能性があります。

  • 元に戻す先の「フォルダ」が存在しない
  • ゴミ箱内のファイルを全て削除してしまった

特に後者の場合は、どうやっても復元できません。できるとしたら、time machineのバックアップ時点まで戻ってMacを復元する方法です。ただし、Appleコミュニティにてゴミ箱はバックアップ対象外なので復元できないとも言われています。

ゴミ箱内のファイルをさらに削除する場合は、慎重に行いましょう。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!