MacとiPhone/iPadを同期する最新の方法

mac

MacOS Catalinaにアップデートすることで、従来使えていたiTunesが削除され、ミュージック、Podcast、TVの3つにアプリが分けられるようになりました。そんなiTunesでは、iPhoneやiPadと同期する機能を持っていましたが、それが無くなったので別の方法で同期をしなければなりません。

そこで本記事では、MacとiOSデバイスを同期する方法を紹介。ご参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

iTunesなしでmacとiOSデバイスを同期するには「Finder」を使う

MacOS Catalina以降のMacではiTunesが廃止されたので、今後iPhoneやiPadと同期をするには「Finder」を使います。Finderは削除していなければ、Dockに表示されているはずです。

Finderとは、書類やメディア、その他の様々なファイルを格納しているアプリです。Windowsで言う所のエクスプローラーに該当します。Finderは今までファイルの管理が主たる目的で使われていましたが、MacOS Catalina以降のMacでは同期の管理も行われるよう変化しました。

Finderで同期できるコンテンツ

FinderではiTunes同様、次のコンテンツを同期できます。

  • 写真
  • ムービー
  • ミュージック
  • テレビ番組
  • Podcast
  • オーディオブック
  • ブック
  • ファイル
  • iOSデバイスのバックアップ

Finderで同期しないコンテンツは基本的にiCloudへ

Finderでは、同期できるコンテンツが決まっています。例えば、次のコンテンツはFinderではなくiCloudでの同期になります。

  • Safariのブックマークや履歴・お気に入り
  • メール
  • カレンダー
  • 連絡先
  • リマインダー
  • メモ
  • メッセージ
  • Wallet
  • Siri など

App Storeや iTunes Storeで購入したコンテンツはFinder。どちらかというと、購入物ではなくデータがiCloudで管理されます。LINEなどのデータもiCloud上に同期されるようになっています。

【Finder】MacとiPhone/iPadを同期する方法

次の手順を踏むことで、簡単にMacとiOSデバイスを同期することができます。

  1. iPhoneやiPadをMacとLightningケーブル、またはUSB Type-Cケーブルを使って繋ぐ
  2. Finderを開く
  3. MacのFinderサイドバーにある「場所」に接続した端末が表示される
  4. 同期の実行をする

同期自体は非常に簡単です。詳しいやり方を画像付きでご紹介します。

まずは、MacとiOSデバイスをケーブルを使って接続します。ここでは、Macbook AirとiPhone 8を「USB Type-C ⇄ Lightningケーブル」を使って繋いでいます。

Finderを開き、サイドバーの「場所」から接続したiPhoneを選択します。初めて接続した、Apple IDがMacと異なる端末である場合、「はじめよう」とFinder上に表示されます。

あとは、Finderに表示されている「同期」をクリックすると、MacとiPhoneの同期が自動的にスタートします。

Finder上を見てもらえるとわかりますが、今までiTunesで出来ていたiOSのアップデートやバックアップ処理なども行えるようになっています。また、一気に全部ではなく、Finder上のタブから個別にコンテンツを同期させることも可能です。そのやり方、それぞれのタブで出来ることを1つずつご紹介します。

【一般】iOSデバイスのバックアップなどができる

一般タブでは、iOSデバイスのアップデートから、バックアップの作成まで行えます。Mac内にバックアップを残したい場合は、「iPhone(iPad)内の全てのデータをこのMacにバックアップ」にチェックを入れて、「今すぐバックアップ」を実行すると開始されます。

また、Mac内ではなくiCloudにバックアップデータを残すことも可能です。

バックアップしたデータを見るには、「バックアップを管理」から。Mac内に保存したバックアップデータをここから削除することも可能です。

【ミュージック】音楽に関する同期が可能

ミュージックタブでは、プレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンルと言った音楽全般の同期が可能です。また、ついでにiPhone内のビデオやボイスメモもここで同期するかどうかを選べます。

【ムービー】動画に関する同期が可能

動画ファイル、およびプレイリストの同期ができます。

また、どのような動画を同期するかを「自動的に同期するムービー」のリストから選べます。例えば、新しい方から1本だけ、視聴未終了の動画だけを同期する設定が可能です。

【テレビ番組】購入したドラマに関する同期が出来る

テレビ番組とはそもそもムービーと何が違うのか。ムービーの場合、iTunes Storeで購入した映画やレンタル品を管理できるようになっています。一方のテレビ番組はiTunes Storeで購入できる「連続ドラマ」を管理できます。

そんなテレビ番組タブでは、連続ドラマのプレイリスト、および自動的に同期するエピソードを設定できます。

【Podcast】購入したラジオのに関する同期

Podcastでは、購入したラジオやエピソードに関する同期ができます。ムービーやテレビ番組同様に、プレイリストや同期するエピソードを設定可能です。

【オーディオブック】音声コンテンツの同期

オーディオブックとはそもそも何か。ざっくり言ってしまうと「耳で読む本」のことを指します。書籍などをナレーターや声優の人が読み上げて配信するコンテンツをイメージして貰えばわかりやすいかと思います。

オーディオタブでは、購入した音声コンテンツの管理が可能です。

【ブック】本やPDFファイルの同期

ブックタブでは、Apple Booksで購入した書籍やPDFファイルなどに関する同期が可能です。全てのブックだけでなく、個別に同期したいブックを選ぶこともできます。

【写真】スクリーンショットやカメラの同期

写真の同期は、FinderではなくiCloud上で行われるため、操作不能となっています。

【ファイル】アプリなどの同期

MacとiPhone/iPad両方で使えるアプリの同期を管理することができます。

MacとiPhone/iPadが同期できない原因や対処方法まとめ

もし、MacとiPhone/iPadの同期ができない場合、次のことを見直してください。

ストレージが不足していないか

iPhone/iPad、およびMacでストレージが満杯の状態になっていると、同期に失敗します。不要なファイルを削除してから、再度同期を試してください。

ケーブルのトラブル

Mac側でiPhone/iPadがそもそも認識しない場合、もしかすると使っているケーブルが故障している可能性があります。何度か抜き差しし直してダメだったら、ケーブルを再購入することを推奨します。購入するのでしたら、Apple純正もしくは認証が降りているケーブルがおすすめです。

また、Macにはいくつかポートが用意されているので、普段使っていない方に変更してみるのも一つの手段です。

接続できているのにFinderのサイドバーにデバイスが表示されない

もし、ケーブルをつないできちんと接続が確認できているにも関わらずFinderのサイドバーに端末が表示されない場合、表示が隠れていないか見直しましょう。

「場所」にカーソルを合わせると「表示」が浮かび上がってくるので、そちらクリック。そうすると、隠れていたデバイス情報が表示されます。

OSのバージョンが古い

滅多にありませんが、MacとiPhoneが上手く同期できない時は、お互いのOSのバージョンが影響している可能性もあります。 iTunes時代の例ですが、相性が悪いと同期に失敗することも稀にありました。

その場合、お互いのOSのバージョンを最新版にすることをおすすめします。なぜなら、々細かなアップデートが行われているので、最新版にすることで相性問題も解決する可能性があるからです。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!