Macbook Air 2018年版開封の儀!初期セットアップの手順もまとめました

mac

本記事では、Macbook Air 2018年版の開封の儀から初期セットアップまでを画像つきで紹介しています

所感としては、2018年のMacbook Airは薄くスタイリッシュでキーボードのストロークも浅くて使いやすいと思いました。これからMacbook Airを購入するか迷っている方の参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

2018年版Macbook Airの開封

2018年版Macbook Airはシルバー、スペースグレイに加え、ゴールドカラーが新色として登場。Apple Storeの店頭で吟味した結果、思った以上に派手さがないゴールドが気に入ったので選ぶことにしました。

2018年版Macbook Airの外箱

箱の中にはACアダプタ、USB Type-Cケーブル、Macbook Airの3セット。Appleのロゴシールはゴールドカラーに合わせた色が使われていました。

Macbook Air本体の他、備品が同封されている

キーボード周り

キーボード周りについて簡単にレビュー。Macbook Air 2018は、キーボードの右上に「Touch ID」が備え付けられています。

Touch IDで簡単ロック解除

「Touch ID」が存在するおかげで、画面のロック解除やApple Storeでの認証にパスワードを入力する必要がなくなりました。ただし、PC起動後の最初の画面解除がだけパスワード入力が必要なので、パスワードは忘れずに覚えておきましょう。

キーボード全体図が下記です。日本語キーボード版を購入しましたが、右上にTouch IDがついている以外に特に変わったところはありません。少し前のMacbook Airと比較すると、タッチパネルがやや大きくなっています。

タッチパネルがやや広くなった

また、キーボードの両サイドにスピーカーが付いています。それぞれのスピーカーが独立しているため、モノラルではなくステレオ再生で音を楽しむことが可能に。

キーボードのストロークはやや浅めです。力を入れずともパチパチ反応してくれますが、少々打鍵音がうるさいのは昔から変わっていない印象を受けました。

ストロークはやや浅め

配線周りのチェック

Macbook Air 2018は、充電ポートなどが従来のものと変わっており、USB Type-C(Lightning 3)が採用されています。

左サイドにUSB Type-C対応ポートが2つ

反対側の右サイドには、3.5mmイヤホンジャックが一つだけ。Macbook Airの配線周りは全部で3つしかないため、非常にスタイリッシュは印象を受けました。

右サイドはイヤホンジャック

Macbook Air 2018の初期セットアップ

Macbook Airを使い始める前に、色々とセットアップをしなければなりません。昔からMacを使っている方にとっては何のこともない作業ではありますが、今回久々にMacbook Airを購入した筆者にとっては少し面倒だなと感じる部分もありました。そこで備忘録として、セットアップ手順を1から順番にご紹介していきます。

1.日本語の設定

Macbook Airを開くと、いきなりセットアップが開始されます。最初は言語の設定です。一覧の中から日本語を選びましょう。

2.タイムゾーンの設定

タイムゾーンを設定することで、Macbook Airの現在時刻や位置情報が自動的に取得されます。日本に住んでいる場合は、「日本」を選択しましょう。

3.キーボードの設定

キーボードの配列を設定します。日本語を選択してください。お好みの入力方法のプルダウンには、ローマ字入力とカナ入力があります。基本的にローマ字入力だと思いますが、カナ入力を使っている人はそちらを選んでください。

4.Wi-Fiの設定

Wi-Fiネットワークを設定します。自宅のWi-Fiを一覧から選択し、パスワードを入力したら「続ける」をクリック。

5.外部データの取得

Wi-Fiネットワークの設定を終えたら、次は別のMacやWINDOWSからデータをインポートするかどうかを問われます。TimeMachineのバックアップも有効です。今回は特に引き継ぐデータもなかったので「今は情報を転送しない」を選択しました。

6.Apple IDでサインイン

データの復旧作業その2。お手持ちのApple IDでMacbook Airにサインインすることで、アプリやiCloud情報などが復旧されます。もしも初めてのMacでApple IDを持っていない場合は、Apple IDを新規作成しましょう。今回は筆者も新たにApple IDを作成することにしました。

7.Macbook Airのアカウントを作成

Apple IDの作成やログイン完了後、Macbook Airで使うアカウントの作成を行います。ここで作成したアカウントは、Macbook Airへログインする際に用いられるので、設定したパスワードは忘れないようにメモをしておきましょう。

「Apple IDを使用してこのパスワードをリセットすることを許可」にチェックを入れると、ログインパスワードを忘れたとしても安心。必ずチェックすることをおすすめします。

8.エクスプレス設定

エクスプレス設定では、iCloudやApple Music、iTunes Storeを自分好みにカスタマイズできます。特にこだわりがない場合は、無視して「続ける」をクリックしましょう。

9.iCloud解析

Appleの品質向上のため、iCloudの解析を共有するかどうかを選択できます。共有せずとも利用には全く問題ありませんが、より良いApple製品を今後提供してくれるために役立てて欲しいと少しでも感じる方は、解析に協力してあげましょう。

10.Siriの設定

Siriの設定を行います。もしMacbook AirでSiriを使う予定がない人は、チェックを外して「続ける」をクリック。

11.iCloudへの保存設定

Macbookの書類、デスクトップフォルダに作成したファイルをiCloud Driveに保存するかどうかを設定できます。チェックを入れると自動的にバックアップされますが、無料のストレージ5GBもあっという間に消費されるので悩ましいところ。

12.FileVaultの設定

FileVaultのディスク暗号化を有効にすることで、データが保護されます。特にこだわりがない場合は、両方にチェックを入れてください。

13.Touch IDの設定

Macbook Air 2018と言えばTouch ID。人差し指などのワンタッチで画面ロック解除をしたい方は必ず設定してください。

何度か指を押し付けるように言われます。要求されなくなるまで、色々な面をTouch IDに当てて離す作業を繰り返してください。

何度か当てて離すを繰り返すと、Touch IDの設定は完了します。

14.Apple Payの設定

初期セットアップ最後の作業は、Apple Payの設定です。Macbook Airではクレジットカード登録する気がないという場合は、「後で設定」をクリック。App Storeで有料課金する予定がある人はApple Payの設定をしておきましょう。

15.外観の設定

メニューやウインドウの外観を、ライトまたはダークのどちらかから選べます。個人的にはダークがおすすめです。理由は、目に優しいことと、黒背景は一般的に消費電力が白背景よりも低いと言われているからです。

これで初期セットアップは完了です。自動的にMacbook Airのホーム画面に移動します。

使って感じた!Macbook Air 2018の良かった点

初期セットアップを終え、1週間ほどMacbook Air 2018を使ってみました。久々のMacbook Airで、2018年版を購入する前は2013年モデルを少し使っていました。そして、実際に使ってみて昔よりここが良くなったという点を3つご紹介します。

タッチパネルが昔より使いやすい

2013年版と比較しての話になりますが、タッチパネルが昔より押しやすいと感じました。2018年版のほうがクリックの押し込みが柔らかいため、グッと力を入れる必要がありません。また、タッチパネル自体が少し大きくなっているのも高ポイント。

大きくなっては居ますが、Macbook Airサイズ的には大きくなっていないので持ち歩きも非常にしやすくなっています。

Touch IDでのロック解除が楽すぎた

今まではパスワードを画面ロックの度に入力しており、少々面倒な部分もありました。しかし、Macbook Air 2018ではTouch IDが採用されたため、指をパネルに当てるだけで簡単にロック解除ができるようになりました。

キーボードで入力するのもTouch IDを使うのも時間的にはそこまで変わりませんが、気持ち的に入力という作業を省けるのが楽と感じます。

モバイルバッテリーを使った充電ができる

Macbook Air 2018を使って最も良いなと感じたのが、ポートが全て USB Type-Cに対応していることです。今までのMacbook Airですと、電源にアダプタを差し込んで充電をしなければならなく、外出先で充電するにはコンセントを探さなければなりませんでした。

しかし、Macbook Air 2018はUSB Type-C対応なので、モバイルバッテリーを使って充電することができるように。これにより、外出先でも気軽に充電ができるようになったので、Macbook Airの電池残量を気にせず利用することができます。

まとめ

ここまで、Macbook Air 2018の開封から初期セットアップまで説明してきました。

  • 手順通りにやればセットアップは簡単
  • 新色のゴールドが思った以上にカッコいい
  • 久々の新型Macbook Airは感動する部分が多かった

結論としては、購入してよかったという感想です。Macbook Air 2018の購入に迷っている方の参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!