【MPOW M5】ワイヤレスイヤホンのレビュー!最大6時間再生可能

この記事では、Bluetooth 5.0対応のワイヤレスイヤホン「MPOW M5」をレビューしています。

Amazonにて税込み約6,000円で販売されているイヤホンで決して安いとは言えませんが、レビュー評価も良くAmazon’s Choiceとしてピックアップされている商品です。(2019年10月25日時点)

スポンサードリンク

【MPOW M5】スペック紹介

取扱説明書ベースの製品仕様を簡単にご紹介します。

モデルBH322B
動作範囲約10m
Bluetooth Ver5.0
対応プロファイルA2DP/AVRCP/HFP/HSP
チップQCC3020
通話時間6時間
再生時間6時間
充電時間2時間
防水レベルIPX7
重量5g

説明書の製品説明には書かれていませんが、対応オーディオはAACです。AACは主にiPhoneで使用されているコーデックなので、iOSデバイスと相性が良いワイヤレスイヤホンかと思います。

逆にAndroidでよく使われているaptXには非対応。自動的にSBCでの再生になるため、高音域が少し消えてしまうことに加え、音楽が再生されていない無音状態だとサーっとホワイトノイズが発生するので注意してください。

【MPOW M5】実機レビュー

それでは早速、MPOW M5のワイヤレスイヤホンを開封していきたいと思います。

パッケージを開けると、充電ケース、MPOW M5のワイヤレスイヤホン本体、イヤーチップがSとL1セットずつ、充電ケーブル、取扱説明書、サンキューカードの計6点が同梱されていました。

イヤーチップのMサイズはワイヤレスイヤホン本体に最初からついています。

イヤホン本体はこんな感じです。

スクエアタイプのワイヤレスイヤホンなので、耳の形によってはしっかりとハマらない可能性がありますね。私は問題なく装着することが出来ました。

ワイヤレスイヤホンの内側には、LとRが印字されています。これなら右左すぐにわかりそう。

ワイヤレスイヤホンを収納、充電するケースはこんな感じ。

ワイヤレスイヤホン本体をケースに収納すると、自動的に充電が始まります。

少し赤っぽいオレンジ色になっているのがわかります。この状態が「イヤホンの充電中」のサインとなっています。

充電ケースの裏面には、Micro USB対応ポートが一つついています。

付属の充電ケーブルを使ってACアダプターやパソコンに繋ぐと、充電ケース本体の充電が開始されます。なお、ACアダプターは別売りとなっているので別途購入する必要があります。

見た目はすごくいい感じ!

また、装着感も悪くなかったので長時間耳につけていても窮屈さは生まれませんでした。

ペアリングもワイヤレスイヤホンを充電ケースから取り出すと自動的に待機状態になるので、すぐに音楽プレーヤーとBluetooth接続することができます。一度接続してしまえば再接続も自動的に行なってくれました。

肝心の音質もそこそこ良し!満足度中の上なワイヤレスイヤホンでした

私はiPhoneとMPOW M5をペアリングして使っていましたが、そこまで音質が悪いとは感じませんでした。高音域も聞き取りやすく、低音域も広がりがあってバランスの良い音になっていると思います。

一つだけMPOW M5に注文をつけるとしたら、接続と解除のアナウンス音量が大きすぎること。今まで色々なワイヤレスイヤホンを使ってきましたが、アナウンスが大きいのは低~中価格帯なら仕方がないかなと半ばあきらめています。

Amazonにてクーポンを使えば少し安く購入できるので、レビューを見て気になった方は一度チェックしてみてください。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!