【iPhone X以降】電源の切り方(オフ)/入れ方【XR/XS対応】

本記事では、iPhone X以降の端末での電源の切り方を紹介しています。iPhone X以降、サイドボタンを押すだけでは電源がオフにならずシャットダウンできなくなっているので注意してください。

この記事は、iPhone X、XR、XS、XS MAXに対応しています。

サイドボタンを押すだけだとSiriが起動する

iPhone X以降の端末では、サイドボタンを長押しするとSiriが起動してしまいます。

iPhone 8まではサイドボタンを長押しすれば簡単に電源を切ることができていましたが、iPhone X以降はやり方が変わっています。少し戸惑うかもしれませんが、一度覚えれば誰でも簡単に電源をオフにすることができますので、これから紹介する方法を是非試してください。

電源の切り方(オフにする方法)

iPhone X、XR、XS、XS MAXでは、iPhoneを正面から見た時にある右側の「サイドボタン」と左側の「音量をボタン」の同時長押しで電源を切ることが可能です。

音量ボタンはどちらを使っても良いですが、個人的には音量を下げるボタンをおすすめします。

「設定」から電源をオフにすることも可能

もしサイドボタンや音量ボタンの反応が悪く、先ほど紹介したやり方では電源が切れない場合は、iPhoneの設定アプリを使って電源をオフにすることもできます。

1.設定アプリを開き、「一般」をタップ。

2.一番下までスクロールして、「システム終了」をタップ。

最後に「スライドで電源オフ」と表示されるので、右へスワイプしてください。これでiPhoneの電源がオフになります。

電源の入れ方(オンにする方法)

電源オフとは逆に、電源の入れ方は至ってシンプル。サイドボタンを長押しするだけで電源がオンになります。

電源を切るときのように音量ボタンの操作は必要ありません。

強制終了のやり方

iPhone X以降の端末での強制終了のやり方ですが、iPhone 8以前と変わりありません。音量を上げるボタンを1回、音量を下げるボタンを1回、最後にサイドボタンを長押しすれば強制再起動がかかります。

詳しいやり方は下記記事にまとめているので参考にしてみてください。

【iPhone X以降】電源を強制終了して再起動する方法【XR/XS対応】

まとめ

ここまで、iPhone X、XR、XS、XS MAXの電源の切り方や入れ方を紹介してきました。「サイドボタン + 音量を下げる」ボタンで簡単に電源が切れるので是非試してみてください。

なお、音量を上げるボタンとサイドボタンの組み合わせはスクリーンショットが撮影されてしまうこともあるので、なるべく音量を下げるボタンを使ったほうが良いかと思います。

最新情報をチェックしよう!