【Seneo】2in1 Qiワイヤレス充電器のレビュー【Apple Watch対応】

本記事では、Seneo 2in1 Qiワイヤレス充電器の実機レビューを行っています。

本製品はAmazonで購入できる、Apple Watchに対応したQiワイヤレス充電器です。また、Apple Watch専用ではなく、2in1設計でスマホ充電にも対応。一石二鳥なワイヤレス充電機で、Amazon内でも非常に人気が高い製品となっています。

【レビュー結果】Seneo 2in1 Qiワイヤレス充電器の評価

Seneo 2in1 Qiワイヤレス充電器をレビューした結果、上記のような評価になりました。率直な感想を書くと、非常にコスパが悪く使いにくい製品だということです。

特に、Apple Watchを置く場所を設置しなければならないのですが、普通ワイヤレス充電器であればケーブル無しで充電できるのにも関わらず、この製品は別途Apple Watch専用の充電器を購入しなければならないので、非常にコスパが悪いです。

結論から言うと、Amazonのレビュー評価はサクラが半分以上を占めているでしょう。コスパが高いと言うレビューは全くの嘘です。

Seneo 2in1 Qiワイヤレス充電器の実機レビュー

それでは実際に、Seneo 2in1 Qiワイヤレス充電器の実機をレビューしていきたいと思います。

同封物は全部で4点

パッケージを開封すると、Apple Watchのスタンド、充電器本体、USB-micro USBケーブル、取扱説明書の4点が入っていました。

取扱説明書は日本語訳も書かれているので、使い方に関してはそれを見れば大体わかるはずです。

出力電圧はスタンド毎に異なる

Apple Watch側の出力は最大3Wまでとなっており、対応機種がApple Watch Series 1〜4まで対応しています。

スマホスタンドの方は、iPhoneのQi対応端末が最大7.5W、SamsungのGalaxyシリーズが最大10W、その他Qi対応端末は最大5Wまでの出力となっており、一応急速充電は可能です。

なお、急速充電をするにはQC 2.0もしくは3.0対応のACアダプターも必要になってきます。今回レビューする製品には同封されていないので別途購入しなければなりません。

部分的にアルミボディが採用されている

高級感を醸し出すために、Apple Watchのスタンドにはアルミニウム合金製素材が使われています。

見た目の良さもそうですが、プラスチックとは違い耐久性もあり重さにも耐えられるので、長く使えるようになっています。

また、Apple Watchに傷をつけないようにスタンド部分にはシリコン素材が使われています。シリコンは非常に柔らかくグリップ力があるので、Apple Watchの落下や傷を防いでくれます。

Apple Watchの充電には別途磁気充電ケーブルが必要

Seneo 2in1 Qiワイヤレス充電器唯一のデメリットと言っていいのが、Apple Watchの充電をするためには磁気充電ケーブルがさらに必要になってくることです。磁気充電ケーブルとは、Apple Watchを購入した時に同封されている、次のようなケーブルです。

つまり、Seneo 2in1 Qiワイヤレス充電器のApple Watchスタンドは、文字通りスタンドの役割しか果たしていません。磁気充電ケーブルは安くて2,000円前後なので、このスタンドと合わせると約4,500円以上の出費になります。

それでしたら最初からスタンド部分に磁気が内蔵されていて、しっかりApple Watchの充電ができるような、当サイトでもレビューした下記ワイヤレス充電器を使った方がマシです。

Apple Watch磁気充電ケーブルの取り付けが非常に難しい・・・

そして、Apple Watchに同封されていたケーブルをスタンドに取り付けようとしましたが、これがまた大変な作業でした。

まず、ケーブルの方をスタンド取り付け部分のUSBに差し込みます。

次にスタンド部分のシリコンカバーを取り外し、実際にApple Watchを充電する部分に磁気をはめこみます。

裏から見るとこんな感じです。

最後にシリコンカバーにケーブルを隠して完了。

ですが、ここで問題が発生。Apple Watch付属の磁気ケーブルだとケーブルが長いのでシリコンカバーに収まりきりません。なんとかギリギリまで抑えましたが、次のようにケーブルがみっともなく出てしまっています。

これだとワイヤレス充電器本来の、「ケーブル無しで充電できる」、「ケーブルがないのでスタイリッシュ」というメリットに反しています。なので、磁気ケーブルはもっと短めの製品を買わないと、Seneo 2in1 Qiワイヤレス充電器には向いていません。

Apple Watchの充電はきちんとできた

磁気充電ケーブルをそのままスタンドに取り付けたままなので当然ですが、しっかりApple Watchの充電はできています。

それにしてもケーブルのはみ出しが非常に不恰好です。出力電力に関しては、Apple Watch部分は充電ケーブルで異なるのでここでは測定を割愛します。

スマホの充電に関して

スマホの充電を最後に試してみました。ACアダプターに接続して充電器の上にスマホを置いてみると、インズケーターライトが青色に変化しました。

充電状態ランプ表示
電源に接続/待機青色、赤色、緑色ランプ交互に1回点滅してから消灯
充電中青色ランプの点灯
充電異常赤色ランプの点灯
満充電Galaxy:緑色に変化
iPhone:青色に変化

スマホとApple Watchの両方を同時充電可能

商品の説明通り、スマホとApple Watchの同時充電も可能です。

今回充電を試したスマホはGalaxy S8+とiPhone 8でしたが、そこそこ速い速度で充電できたと思います。

まとめ

ここmで、Seneo 2in1 Qiワイヤレス充電器についてレビューをしてきました。

冒頭でも書きましたが、そこまでコスパが良いとは言い切れない製品です。Apple Watchの同時充電はできますが、肝心の磁気ケーブルを別途用意しないといけないのは二度手間。

Amazonの製品ページでも大きく取り扱われていない項目なので、買ってから磁気ケーブルがないと嘆くユーザーも今後出てくるかもしれません。ですので、個人的には最初から磁気がついている別の2in1 Qiワイヤレス充電器を購入した方が良いのではと感じました。

最新情報をチェックしよう!