[iPhone/iPad]タイマーの使い方と通知音の設定方法

本記事では、iPhoneやiPadのiOS端末でのタイマーアプリの使い方を紹介しています。その他、通知音の設定方法やタイマーに関するよくある質問、それに対する回答をまとめています。

この記事は、iPhone XおよびiOS 12.1.4環境で執筆しています。iOSのバージョンや端末によっては多少のズレがあることをご理解願えたら幸いです。

【iPhone/iPad】タイマーの基本的な使い方

iPhoneやiPadには、標準でタイマーアプリが存在しています。それに該当するのが「時計アプリ」です。今回はこのアプリを使ってタイマーの基本的な使い方を解説していきます。

まずは、iPhoneやiPadのホーム画面にある「時計アプリ」を起動します。起動したら、フッターバーにある「タイマー」をタップ。

タイマーは1秒から23時間59分59秒まで設定することが可能です。

タイマーの時間を設定したら、緑色の「開始」を押すとタイマーが開始されます。タイマーがスタートしたら開始が一時停止に変化し、途中でタイマーを止めたり、キャンセルを押してタイマーをリセットさせつつストップすることができます。

タイマーが0秒になると、iPhoneやiPadの画面を開いた状態だとプッシュ通知が表示される他、タイマーの通知音に設定していた音楽が鳴ります。

タイマーアプリの基本的な使い方は以上となります。次は、タイマーの通知音に関する設定方法などをご説明していきます。

【iPhone/iPad】タイマーの通知音設定方法

タイマーの通知音は、デフォルト状態だと「レーダー」になっています。しかし、ユーザーによっては、iTunes Storeで購入した音楽などをアラームとして設定したいこともあるでしょう。この通知音に関しては、タイマーアプリの設定から簡単に変えられますので、変更したい方は参考にしてみてください。

まずは時計アプリを開き、フッターメニューからタイマータブを選択。

画面内に「タイマー終了時」という項目があるので、こちらを続けてタップ。タイマー終了時では、タイマーが終わるときにどんな動作や音を鳴らすかを設定できるようになっています。

iPhone・iPadに標準で備わっているアラーム音が色々ありますが、「ストアメニュー」の項目の2つを利用すると、iTunes Storeなどで購入した音楽をタイマー終了時のアラーム音として設定することも可能です。

今回は、デフォルトのレーダーからアップリフトに変更。アップリフトをタップしたら右上に「設定」を押します。この時キャンセルすると設定がされないので注意してください。

前の画面に戻り、きちんと通知音が変わっているか確認しましょう。「タイマー終了時」の項目が自分が設定した通知音になっていたらOKです。

【iPhone/iPad】タイマーアプリに関するよくある質問

ここでは、タイマーアプリに関する質問などをまとめ、それに対する回答をご紹介しています。トラブル・不具合、ちょっとした疑問を解決できたら幸いです。

通知音が鳴らないときの対処方法は?

タイマーアプリのよくあるトラブルの一つが、通知音を設定しているのにアラームが鳴らないという事象があります。サイレントモードなどが原因として挙げられることもありますが、正確にいうとそれは間違いです。

通常はサイレントモードにしていてもタイマーの通知音は鳴ります。そこでもう一つ確認してもらいたいのが、「音量」です。もし下記のように音量が「消音」になっていた場合、通知音は鳴りません。

サイレントモード + 消音」の組み合わせは、タイマーの通知音が鳴らなくなるので注意しましょう。

音なしでバイブレーションのみを動作させるには?

時計アプリの「アラーム」の方では、「音なし + バイブレーションあり」の組み合わせができますが、「タイマーアプリ」ではバイブレーションの設定がないので、この組み合わせは標準アプリではできません。

もし、音なしかつバイブレーションのみを簡単に動作させたいのでしたら、サードパーティ製の外部アプリを利用するのがおすすめ。下記アプリが簡単で使いやすいかと思います。

参考:バイブアラーム

なお、iTunes StoreやiTunesから「無音」の音楽を取り入れると、「音なし + バイブレーション」でタイマーを設定することも可能です。

今回はiTunes Storeから無音を購入して使ってみました。この状態でタイマーが終了すると、無音かつバイブレーションのみでタイマーが鳴ります。

もし、余計なアプリを入れたくない方は、この方法を使ってみてください。

タイマーを使って音楽の再生停止はできる?

標準の時計アプリのタイマー機能を使えば、音楽の再生停止も自動で行うことが可能です。例えば、タイマー開始から1分後に音楽の再生を停止したい時などに使える方法です。やり方も簡単です。

まずは、時計アプリの「アラームタブ」から「タイマー終了時」をタップ。タイマーの通知音に、一番下の項目にある「再生停止」を選びます。

この状態で音楽を再生しつつタイマーを開始すると、タイマー終了時に音楽の再生が停止されます。

ちなみに再生停止を設定すると同時に、iPhoneやiPadがスリープ状態になり画面が閉じられます。

まとめ

iPhoneやiPad標準アプリ、時計アプリのタイマー機能の使い方や通知音の変更方法について紹介してきました。最後に、この記事で紹介したことのまとめとなります。

  • タイマー機能の基本的な使い方
  • 通知音の変更方法
  • 「音なし + バイブレーションのみ」の設定方法
  • 通知音が鳴らない時の対処方法
  • 「再生停止」の使い方や機能説明
最新情報をチェックしよう!